ミニバン比較 『セレナ』『ステップワゴン』『ヴォクシー』

荷物をたくさん積む機会が多い場合や家族が増えた時に候補としてあがるのはやはりミニバンだろう

特に『日産 セレナ』『ホンダ ステップワゴン』『トヨタ ノア・ヴォクシー』はMサイズミニバンとして人気
の車である

6人以上が乗れる広い車内空間が確保されていながら、アルファードやエルグランドのようなLサイズミニバンに比べ扱いやすいサイズ感が人気のポイントだろう

サイズ感こそ似ている三車種だが安全装備やシートアレンジなどのユーティリティ面においては各車さまざまな違いがあり購入を検討する際に悩んでしまうポイントだろう

そこで今回は人気の『日産セレナ』『ホンダ ステップワゴン』『トヨタ ノア・ヴォクシー』を比較してみた


エクステリア

◆Mサイズミニバンとは?
そもそもMサイズミニバンとはどのような定義があるのだろうか。

特に明確な定義はなく、5ナンバーサイズに収まる(全長4,700mm以下、全幅1,700mm以下、全高2,000mm以下、排気量2,000㏄以下)サイズ感のミニバンと考えてよさそうだ

車体サイズや排気量によっては3ナンバーに該当する車種もあるが、とにかく街乗りにおいて運転しやすいサイズが魅力的なポイントだろう
f:id:TIMMY:20210118162030p:plain

▲セレナ

2019年8月にマイナーチェンジされ「ハイウェイスター」は大形グリル採用に迫力ある顔つきになった
e-powereモデルにはグリル周りにブルーのラインがはいり先進性の感じられるデザインになる

▲ステップワゴン

ステップワゴンスパーダもマイチェンによりフロントフェイスがシャープな顔つきになった
サイドのガラスエリアも大きく死角も少ないので安心して運転できそうだ

f:id:TIMMY:20210118162323p:plain

▲ヴォクシー

ファミリーカー色の強いミニバンにおいて、精悍な顔つきで男性ユーザーにもうける顔つきのトヨタヴォクシー
ミニバンに抵抗感のあるパパさんにもヴォクシーなら好印象を抱くだろう

インテリア・シートアレンジ

セレナ

f:id:TIMMY:20210118162828p:plain
スマートシンプルハイブリッド車には「スマートマルチセンターシート」と呼ばれる前後に稼働するシートが採用されておりシートを2列目にセットすれば2・3・3の8人乗りにアレンジすることができる

また「スマートマルチセンターシート」を1列目にセットすれば二列、三列間でのウォークスルーができるなど名前のとおりマルチにシートをアレンジすることができる(e-POWERモデルはバッテリーなどの関係でスマートマルチセンターシートは採用されず2列目はキャプテンシートとなる)
f:id:TIMMY:20210118164754p:plain

参考元:> https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/interior/arrange.html
f:id:TIMMY:20210118165419p:plain
ハンドルの上からメーターが確認できるアウトホイールメーターとなっており運転中の視線移動もすくない

助手席前の大型のグローブボックスや、インパネアッパーボックスなど収納面においても申し分ないが後述の二台の車においても収納面において過不足ないものとなっているのでどれを選んでも不満がでることはないだろう

ステップワゴン

f:id:TIMMY:20210118170908p:plain
f:id:TIMMY:20210118171208p:plain
ステップワゴンの特徴はなんといってもこの低床フロアだろう

ステップ高はわずか390mm(スライドドア)となっており小さな子供からお年寄りの方まで乗り降りしやすい車になっている

重心の低さは走りにも良い影響を与える

ステップワゴンはミニバンながらカーブでのロール感も少なく引き締まった足回りでミニバンとは思えない走行性能を実現している

f:id:TIMMY:20210118170826p:plain

ヴォクシー

f:id:TIMMY:20210119122534p:plain
f:id:TIMMY:20210119122643p:plain

https://toyota.jp/voxy/feature/?padid=from_voxy_gallery_bottommenu_feature

サードシートを跳ね上げれば、810mmの超ロングスライドが可能になるセカンドシート

VIPカーさながらの快適空間でくつろぐことが出来る

また子供がフロントシートをがんがん蹴ってくるという悩みも解消できるかも⁉

f:id:TIMMY:20210119123343p:plain
ステップワゴン同様、低床設計になっており昇降性にすぐれている
室内高も1400mmと高く設計されており子供なら車内で立って着替えができるだろう

ラゲッジ

セレナ

f:id:TIMMY:20210119124207p:plain
ミニバンは車高が高く、それに伴いバックドアも大きくなっている

ラゲッジに荷物を積載するさいはバックドアの張り出しも考えて駐車する必要が生じる

しかしセレナにはハーフバックドアが設定されており、後ろに壁や車両が近くても荷物の積載ができる

f:id:TIMMY:20210119131026p:plain
ディーラーオプションのラゲッジアンダーボックストレイを使えばアウトドア用品も汚れを気にせずに積み込むことができる

ステップワゴン

f:id:TIMMY:20210119125945p:plain
トランクゲートを縦にも横にも開くことができるわくわくゲートがステップワゴンには設定されている

セレナ同様に後ろのスペースがあまりない場合でも横開きのドアから荷物の積載ができ、またサードシートへのアクセスもわくわくゲートを使えばトランク側から行える

f:id:TIMMY:20210119130555p:plain
またセレナ、ヴォクシーがサードシート格納方法が左右への跳ね上げなのに対してステップワゴンは3列目分割床下格納シートとなっており肩口のストラップを引くだけの軽い操作でサードシートの格納ができ簡単に大容量のラゲッジスペースを作りだせる

安全性能・快適装備

セレナ

セレナにはプロパイロットがグレード別にはなるが設定されており、巡行走行や高速道路などでの渋滞時でもアクセル、ブレーキ、ステアリング操作を車がサポートしてくれる

f:id:TIMMY:20210119132410p:plain
またインテリジェントFCW(前方衝突予測警報)機能により自車からは確認できない前方の状況の変化を検知し玉突き事故の防止をサポートしてくれる

ステップワゴン

対象との距離や速度の測定に強いミリ波レーダーと形や大きさの識別に強い単眼カメラを融合した高精度な検知システム「「Honda SENSING(ホンダ センシング)」がステップワゴンには搭載されている
f:id:TIMMY:20210119141228p:plain
アクセルとブレーキの踏み間違いを防いでくれる誤発進抑制機能歩行者事故低減ステアリング機能のほか、渋滞追従機能付きのACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)など快適、安心に運転することのできる機能が数多く設定されている

ヴォクシー

f:id:TIMMY:20210119141202p:plain
インテリジェントパーキングアシストは車庫入れのさいに車両がステアリング操作をアシストしてくれる

シフトを「R」にいれるだけで駐車枠を認識し自動でステアリング操作を行ってくれる

まとめ

大きなラゲッジや広い車内空間、便利なスライドドア搭載でファミリー層に絶大な人気のあるミニバン

今回比較した三車種はミニバンに求められる基本性能はどの車もおさえている

こと安全性能に関してはACCや電動パーキングブレーキの非搭載など基本設計の古さもありヴォクシーがやや不利になる面もありそうだ

とはいえ、ハイブリッドモデルの力強い走りや上質感のあるインテリアデザインなど魅力的な要素も多くあり次期型へフルモデルチェンジされる際は上記の安全性能に関してもセレナ、ステップワゴン同様のものとなることが期待できる

セレナは100%モータードライブ走行を可能にする『e-power』と呼ばれるシリーズハイブリッド技術(エンジンは発電に徹し駆動はモーターのみで行う)が採用されており、『e-power』モデルがセレナの販売台数を後押ししているイメージがある

次期型にフルモデルチェンジする際はさらにモーターの性能も向上しミニバンの弱点ともいえる燃費面においてもさらなる改善が期待できそうだ

ホンダのステップワゴンは外観こそセレナ、ヴォクシーと比較すると大人しめな印象がをあるが、低床設計がもたらす使いやすい荷室やわくわくゲートなどの工夫が随所に見られ、実際に所有して使っていくうちにこの車の魅力を感じることができるだろう

走りの面においても実際に所有しているオーナーの方の評価も高く運転が楽しいミニバンを探しているならステップワゴンがおすすめといえるだろう

参考元:

https://www.honda.co.jp/?from=auto_header

トヨタ ヴォクシー | トヨタ自動車WEBサイト
トヨタ ヴォクシー の公式サイト。機能・装備、安全性能、走行性能などの紹介をはじめ、見積りシミュレーション、試乗予約などができます。
日産:セレナ [ SERENA ] ミニバン/ワゴン Webカタログ トップ
日産セレナ(SERENA)の公式サイト。セレナに乗ってるあいだも、思い出に。どんな使い方にも柔軟に対応する多彩なシートアレンジや、大切な家族を守る360°セーフティアシスト、100%モータードライブで気持ちいい走りのe-POWERなど、セレナのすべてをぜひご覧ください。




コメント

タイトルとURLをコピーしました