日産 セレナハイウェイスター C27型 レビュー

これからの事を考えて軽自動車から大きな車に乗り換えることになった

NBOXは軽自動車のなかでも人気が高く売却価格‘リセールバリュー‘もとてもよかった。
やはりリセールのことも考えると人気車種を選ぶのがベストだろう

いろいろな車を検討して結果、ミニバンの中でも人気が高い日産のセレナを今回は購入した

購入したグレードは「セレナ ハイウェイスター Vグレード」

日産といえば『e-power』モデルの人気が高いが車両本体価格も高額になるので今回はガソリンモデルを購入した

今回は軽自動車『NBOX』からミニバン『セレナ』に乗り換えて感じたことを簡単にまとめてみた


■車体寸法について

まず一番懸念していたのは車体サイズだった

というのも今まで軽自動車やコンパクトカーしか運転したことがなく、大きなクルマの運転ができるか不安だった

ミニバンと軽自動車では当然車体サイズはおおきく異なる

NBOXとセレナの車体寸法を比較してみてもセレナの全長が最長で4,770ミリ(NBOX比+1,375ミリ)
全幅1,740ミリ(NBOX比++265ミリ)、全高1,865ミリ(NBOX比+75ミリ)となっている

普段使いでの取り回し性や駐車がスムーズにおこなえるかを心配していた

結果を述べるとそれほど大きさは気にならなかった

ガラスエリアが大きく見切りもいいので運転はとてもしやすい

一番心配していた車庫入れもアラウンドビューモニターやサイドビューカメラなどのサポート機能もあるので大きな車体だが安心して駐車することができる

ただし狭い道でのすれ違いや切り返しにおいては不安なところがまだあるので極力そのような道は使わないようにしている

■走り

搭載しているエンジンは「MR20DD-SM24」

最大出力:(kW[ps]/rpm)110[150]/6000

最大トルク:(Nm[kg-m]/rpm)200[20.4]/4400

レギュラーガソリン仕様でタンク容量は55Lとなっている

車体サイズも大きく車両重量も1,620 ㎏~あるので決して俊敏というわけではない

とはいえ、踏めばしっかり走るし都心や郊外とわず走りに関して不満感はないというのが個人的な感想である

平均燃費はメーター読みで今のところ8km/Lぐらい。

信号のおおい区画の運転が多く、一回の走行距離も比較的短めなので仕方ないのかもしれない

高速道路を使った長距離クルーズなら平均燃費もまた伸びるだろう

■室内ユーティリティについて

家族で使う機会のおおいミニバンなので収納スペースやシートアレンジは充実している

セレナにも数多くの収納スペースが設けられている

f:id:TIMMY:20210310225854p:plain
助手席アッパーボックス
f:id:TIMMY:20210310225945p:plain
助手席トレイ
f:id:TIMMY:20210310230011p:plain
グローブボックス(ダンパー付)
f:id:TIMMY:20210310230054p:plain
カップホルダー

また今回購入した『スマートシンプルハイブリッド車』モデルには『スマートマルチセンターシート』が標準装備されており、乗車人数や使い方にあわせて様々なシートアレンジが可能となっている
f:id:TIMMY:20210310231755p:plain

この『スマートマルチセンターシート』はスマートシンプルハイブリッド車のみの装備となっており『e-POWER』モデルでは選択できない

8人乗車する機会などめったにないだろうが、シートアレンジの豊富さというのはスマートシンプルハイブリッド車のおおきなメリットとなる

■まとめ

セレナはミニバンのなかでも人気の高いクルマでプロパイロットに代表される先進の運転支援技術のほか『e-power』モデルの優れた燃費性能や多彩なシートアレンジなどがファミリー層に支持されている

現行型5代目が発売されたのが2016年なので基本設計の古さは否めないがトータルバランスに優れたミニバンを検討しているならオススメである


コメント

タイトルとURLをコピーしました