ヒヨコブログ

主にクルマのこと。時々その他のことを書き連ねる雑記ブログです

ハスラーのフルモデルチェンジについて

軽クロスオーバージャンルで人気のスズキのハスラー。

そんなハスラーのコンセプトモデルが46回東京モータショーで発表される予定になっている

現行型と比較してみてどのような変化があるのかをまとめてみた

●コンセプトモデル

f:id:TIMMY:20191005122620j:plain

f:id:TIMMY:20191005122625j:plain

https://www.goo-net.com/amp/magazine/109773.html

●現行モデル

f:id:TIMMY:20191005122936j:plain

f:id:TIMMY:20191005123431j:plain

▲現行モデルと比べるとヘッドライトの形状は似ているが、全体的なフォルムは現行の丸みを帯びた形からよりスクエア感が強調されており、タフさも増しており頼もしいエクステリアに変貌している

リアクオーターウィンドウが追加され現行モデルよりも道具感がアップしたエクステリアに思える。

f:id:TIMMY:20191008124408j:plain

インパネ比較

f:id:TIMMY:20191008120630j:plain

https://www.webcg.net/articles/-/41583

f:id:TIMMY:20191008120854j:plain

https://www.suzuki.co.jp/car/sp/hustler/interior/

▲現行モデルのインパネも遊びこころとポップなカラーリングが用意されており乗っているだけで楽しい気分にさせてくれる内装である

コンセプトモデルはセンターに大きなディスプレイがあったり助手席前にユニークな形状の収納スペースがあったりと現行モデル同様に遊び心を感じさせながら質感が大幅に向上しているように見える。

ファーストカーとして軽自動車を選択するユーザーも多いので、この様な質感の大きな向上はハスラーのファーストカーとしてのポテンシャルを更に高めることになるだろう

まとめ

発売されるやいなや、その愛くるしい外観やカラーリングを初め、ワゴンR譲りの使いやすいユーティリティで爆発的なヒットを記録したハスラー。

そんなハスラーのフルモデルチェンジ情報とあって注目している人も多いだろう。

あくまで今回のはコンセプトモデルではあるがおそらくほぼこのままの形で販売されるだろう

販売時期などが確定するとまた新たな情報が公開されるので随時更新していきたい