ヒヨコブログ

車についての記事が多めです。★You Tubeもやってます→http://bit.ly/2TuZiy6

三菱【ekクロススペース】とスズキ【スペーシアギア】を比較してみた

ほほ2020年3月19日に三菱自動車から新型軽自動車「ekスペース」「ekクロススペース」が発売される

f:id:TIMMY:20200310164922j:plain

特に今回注目なのは昨今、人気の高いSUV風なルックスを感じさせる「ekクロススペース」である

「ダイナミックシールド」と呼ばれる「デリカD:5」などにも採用されている外観デザインは軽自動車を感じさせない堂々とした顔つきで各社軽スーパーハイトワゴンの中でもひときわ目立つルックスになっている

そんなSUVテイスト溢れる軽スーパーハイトワゴンといえば、スズキから販売されている「スペーシアギア」もある

この2車種、コンセプトは似ている所があるものの見た目からして大きく異なるものに仕上がっている

そこで今回はこの2車種を色々な面から比較してみた

①エクステリア

f:id:TIMMY:20200312225102j:plain

ekクロススペースは冒頭でも少し触れた通りダイナミックシールドを採用して力強さを感じさせるモデルになっている

切れ長のヘッドライトや特徴的なグリルにより軽ハイトワゴンの中でも個性の際立つクルマになっている

リア周りも先代モデルのekスペースカスタムに比べスクエア感が増し、より大きな車に見える

●スペーシアギア

f:id:TIMMY:20200312225026j:plain

ekクロススペースとは対照的に丸目のヘッドライトや随所に見られるガンメタ塗装などekクロススペースとは同じ軽スーパーハイトワゴンながらキャラクターが大きく異なる

ノーマルスペーシアがスーツケースをモチーフとしたコンセプトで開発されたクルマということだが、こちらのスペーシアギアは色々な道具をしまうツールボックスの様なイメージになっている

②インテリア

ekクロススペース

f:id:TIMMY:20200314160353j:plain 軽自動車も昨今のものは質感も高く乗り込んでみると軽自動車ということを忘れてしまいそうになるくらい目を見張る進化が感じられる

新型ekクロススペースのインテリアに関してもグレード別の設定にはなるが、上の画像の様なブラウンのシートが選べるのでよりラグジュアリーな空間で寛ぐことご出来る

二代目NBOXが軽自動車離れした質感で多くのユーザーの心を引きつけた

そこで他社も打倒NBOXではないが内装の質感や使い勝手がここ最近において更に向上したように感じる

スペーシアギア

f:id:TIMMY:20200314224348j:plain

ツールボックスをイメージしたインパネアッパーボックスや随所に見られるオレンジ色のアクセントなどエクステリア同様にユニークなインテリアに仕立てられている

オレンジステッチが施されたシートは全席撥水加工仕様になっており、山や海へとアクティブに遊ぶユーザーにとってはベストなクルマになるだろう

f:id:TIMMY:20200314224428j:plain

もちろんスーパーハイト軽自動車の特徴として挙げられるスライドドアに広い室内空間はキャンプなどのレジャーシーンだけでなく、買い物や子供の自転車を積載したりなどという普段使いのシーンでも大活躍することは言うまでもない

③安全性能

●ekクロススペース

安全性能に関しても先代モデルから大きな進化をしている

主な進化点としては

●運転支援システム【マイパイロット】搭載

●衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]

●踏み間違い衝突防止アシスト

●車線逸脱警報システム[LDW]&車線逸脱防止支援機能[LDP]

●オートマチックハイビーム[AHB]など

f:id:TIMMY:20200317121639j:plain

▲【マイパイロット】はekクロスにも採用されている運転支援システムで、フロントカメラとレーダーを用いて先行しているクルマを検知してアクセスペダルやステアリングの操作をサポートしてくれる

高速道路を使ったロングドライブの際も 運転の疲れやストレスを大きく軽減してくれる

またekクロススペースには7つのエアバッグが標準装備されておりボディサイズの小さな軽自動車の中でも安全性能に妥協のないクルマになっている

f:id:TIMMY:20200317121600j:plain

スペーシアギア

『スズキ セーフティ サポート』と呼ばれる予防安全技術がスペーシアギアに採用されている

f:id:TIMMY:20200317175126j:plain

単眼カメラとレーザーレーダーにより前方のクルマや歩行者を検知して万一の危険を察知すると自動ブレーキなどをかけて衝突回避をサポートしてくれる

『後退時ブレーキサポート』 

f:id:TIMMY:20200317175147j:plain

リアバンパーに4つの超音波センサーを内蔵し後方の障害物を検知し、センサーが障害物との接近距離が縮まると4段階のブザー音で知らせてくれる

駐車場などでの踏み間違いにより店舗に突っ込んでしまうようなニュースをたまに聞くがこのスペーシアギアならその様なヒューマンエラーを未然に防いでくれる

④環境性能

ekクロススペース

 都市でもアウトドアでも、力強くエコな走りを。高性能パワートレイン

信号待ちからの発進や高速道路への合流など、常に余裕をもって加速する走りを実現したい。そのためトルクフルなエンジン、軽快な加速性能のCVT、加速時にモーターでエンジンをアシストするHYBRIDシステムから成る高性能なパワートレインを搭載しました。アイドリングストップ機能であるオートストップ&ゴー[AS&G]も備えています

出典:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_x_space/

ekクロススペースには加速時にモーターでエンジンをアシストするハイブリッドシステムが搭載されている

力強い加速感と優れた燃費性能を両立している

WLTCモードにおける燃料消費率は20.8km/Lと、背の高いとスーパーハイト軽としてはとても優れた燃費性能を実現している

スペーシアギア

スペーシアギアにはスズキの次世代プラットフォーム『HEARTECT(ハーテクト)』が採用されている

剛性をあげつつ軽量化も実現しているボディにより燃費性能にも非常に優れている

またマイルドハイブリッドと呼ばれる 減速時のエネルギーを専用の大容量リチウムイオンバッテリーに蓄えて走行時のエンジンアシストや電装品へ利用することでエンジンの負荷を抑えて燃費性能の向上を実現している

f:id:TIMMY:20200318223558j:plain大容量のリチウムイオンバッテリーがスペーシアギアには搭載されている

スペーシアギアの燃費は自然吸気エンジンモデルでJC08モードで28.2km/Lのなっている(WLTCモード燃費は公式サイトで確認できなかった)

まとめ

軽自動車激戦区のスーパーハイト軽自動車カテゴリーに満を持して投入されたekクロススペース

NBOX、タント、スペーシアと人気の車種がひしめく中で独自の機能やキャラクターでどこまでユーザーの心を掴むことが出来るのか期待したいところである。

先に登場したスズキのスペーシアギアと今回は比較してみたが‘スーパーハイト軽SUV’という路線は同じながら、クルマとして目指している方向は全く異なるものになっている

購入を検討している人には是非とも実際に現物を見て、試乗をしてみて自分にあったクルマを選んでほしい