ヒヨコブログ

車についての記事が多めです。★You Tubeもやってます→http://bit.ly/2TuZiy6

【NBOX】 マイナーチェンジ予想

今だ人気の衰えないホンダの軽自動車『NBOX』のマイナーチェンジの情報が流れ始めている

二代目モデルにフルモデルチェンジしたのが2017年9月なのでもうすぐ発売から3年が経過しようとしている

爆発的なヒットで快進撃を続けているNBOXだがライバル勢の勢いも止まらない

直近では日産三菱の合同会社NMKVから出たスーパーハイト軽自動車『ルークス』『ekスペース』が安全装備の充実具合や質感の高さで人気を伸ばしておりNBOXのトップの座を塗り替えようとしている

ここで2020年6月の販売台数のグラフを確認してみる

2020年 6月軽四輪販売台数
メーカー 通称名 本月 前月 前月比 前年同月
ホンダ NBOX 15557 11655 133.5 23605
スズキ スペーシア 12072 4392 274.9 12807
日産 ルークス 9431 3911 241.1
スズキ ハスラー 7875 3529 223.2 3825
ダイハツ タント 7263 2497 290.9 12396
日産 デイズ 6598 3849 171.4 14462
スズキ ワゴンR 6096 3322 183.5 6558
ダイハツ ミラ 5652 4504 125.5 8245
ダイハツ タフト 5079 0
ダイハツ ムーヴ 4743 2113 224.5 10738
ホンダ N-WGN 3586 1052 340.9 843
スズキ ジムニー 3551 2046 173.6 2287
スズキ アルト 3099 1621 191.2 4795
三菱 ek 3066 1331 230.4 3749
ダイハツ キャスト 1580 254 622 3334

https://www.zenkeijikyo.or.jp/statistics/tushokaku-5441

▲販売台数トップは変わらずNBOXだが スズキのスペーシア、日産のルークスがじわじわと迫ってきている

またスズキのハスラーもフルモデルチェンジにより旧型からの乗り換えや新規ユーザーの獲得により人気を伸ばしている

スズキのスペーシアには標準モデル、豪華装備やいかついフロントフェイスが印象的なカスタムの他にアウトドアに使えそうなモデルとして『ギア』の3タイプのラインナップがある

f:id:TIMMY:20200730225826j:plainスペーシアギア、アウトドアに便利なギミックもあるモデル

ルークスに関しても【プロパイロット】と呼ばれる先進の安全技術を搭載しており高速道路の渋滞時でもハンドル操作やブレーキ操作をアシストしてくれる

NBOXの内装も軽自動車離れした質感高いものだったが、新型ルークスもNBOXに肉薄する質感の高さとなっており打倒NBOXという意気込みがヒシヒシと伝わってくるものとなっている

f:id:TIMMY:20200730235737j:plain日産『ルークス』インパネ周り 先代モデルから大幅に質感が向上した

販売から3年目に入ったにも関わらず今だ首位の座にいるNBOXもある意味化け物だが、そろそろマイナーチェンジでテコ入れしてライバル勢を大きく引き離したいところだろう

マイナーチェンジの中身

NBOXのマイナーチェンジ内容を予想してみた。

◆マイナーチェンジ予想◆
①ホンダセンシング機能アップ
②新グレードの追加

①ホンダセンシングの強化

ホンダの予防安全技術『ホンダセンシング』単眼カメラとミリ波レーダーにより先行車や歩行者を検知して衝突の危険性があると緊急ブレーキをかけてくれたり先行車を認識して自動で追従走行をしてくれるとても便利なものとなっている。

このホンダセンシングがマイナーチェンジで更に機能が強化されると予想できる

具体的には現行N-WGNと同様に0km〜でも追従走行が可能になると思われる

f:id:TIMMY:20200730175413j:plain ▲最新のN-WGNには渋滞機能付ACCが採用されている

現行NBOXのACCは30km/h未満になると解除されてしまうので渋滞時などでは使うことができないが、もしマイナーチェンジで改善されれば渋滞時のイライラからも開放されるだろう

更に新型N-WGNに採用されている電動パーキングブレーキがNBOXにも採用されれば信号待ちなどの停止時にブレーキから足を離しても停止を保持してくれる『オートブレーキホールド機能』が使えるようになるので期待したいところである

f:id:TIMMY:20200730213505j:plain新型N-WGNにはオートブレーキホールド機能がある

②新グレードの追加

ホンダのコンパクトミニバン『フリード』にはクロスターと呼ばれるミニバンの利便性とSUVのタフネスさをクロスオーバーさせたモデルがあるが、NBOXのマイナーチェンジでフリードクロスターのようなクロスオーバースタイルNBOXがラインナップに加わるのでないかと個人的には予想している

アクティブスタイルのフリードクロスター

スーパーハイト軽ジャンルにおいてもスペーシアギアや三菱の新型ekスペースのクロスオーバースタイル『ekクロススペース』などがアクティブユーザーの心を掴んでいる

f:id:TIMMY:20200730221422j:plain力強いエクステリアが印象的な『ekクロススペース』

NBOXもキャンプや車中泊に使える広大な室内スペースを持っているので、ここにSUVテイストを加えてNBOXクロスターとして発売したら面白そうではある

初代モデルにもNBOX+やNBOXスラッシュなどの派生モデルが存在していたのでマイナーチェンジで新グレードが追加されるかもしれない....

f:id:TIMMY:20200730221519j:plain

インテリアも個性的なNBOXスラッシュ

まとめ

二代目にフルモデルチェンジしてからも首位を独走し続けてきたNBOX

絶妙なパッケージデザインや快適なインテリア、豊富な安全装備で多くのユーザーの心を掴んだ国民車だがライバル勢もただ指をくわえて見ているわけではない

軽自動車メーカーの2大巨塔『スズキ』『ダイハツ』はもちろんのこと冒頭でも述べた日産、三菱勢も猛攻をかけており首位の座もこのままでは危ういだろう

もし2020年度内にビッグマイナーチェンジが実行されれば、またしばらくNBOXトップの座は継続されるだろう