ヒヨコブログ

車についての記事が多めです。★You Tubeもやってます→http://bit.ly/2TuZiy6

女性にも人気 ミラトコット ムーブキャンバス比較

ダイハツの軽自動車の中でもミラトコットとムーブキャンバスは女性に人気の高い車種となっている

ミラトコットはミライースの派生車種となるが、エクステリアからインテリアまで全くキャラクターの異なるクルマとはなっている

見切りのいい箱型ボディでシンプルながら落ち着いた上品なエクステリアとなっている

軽自動車のカスタムモデルのようなギラツキ感とは真逆の方向性のクルマになっている

一方ムーブキャンバスの方は丸みのあるボディにワーゲンバスを彷彿とさせる愛らしいルックスで人気のクルマである

全高は低めに抑えられているがスライドドアを搭載しており使い勝手に優れたクルマとなっている

今回はそんな女性ユーザーに人気の2つのクルマを比較してみた

エクステリア

ミラトコット

f:id:TIMMY:20200813183434j:plain

スクエアスタイルでシンプルなエクステリアのミラトコット

丸みのあるヘッドライトがアクセントとなりミラトコットのキャラクターとなっている

リアスタイルもコンパクトにまとめられているが商用車チックにならず、上手くデザインされている

ベースとなったミライースよりもAピラーが立っており運転席からの見切りの良さや開放感に繋がっている

このタイプの軽自動車には珍しく前席はセパレートタイプになっており間にも収納スペースが用意されている

ムーヴキャンバス

f:id:TIMMY:20200813183624j:plain

スライドドアを搭載しているが、全高は 1,655ミリとスーパーハイト軽よりも低めに設計されている

角がとれていて丸みのあるボディはどこかほんわかした雰囲気が漂うルックスである

ロングルーフで車内の広さも感じられるデザインとなっており利便性も高そうである

インテリア

ミラトコット

f:id:TIMMY:20200814114438j:plain

f:id:TIMMY:20200814114527j:plain

本家ミライースよりもAピラーが立てられており前方視界も頭上空間にも余裕のあるクルマとなっている

コンパクトに感じる外観だが乗り込むと 大人四人での移動も問題のない空間が確保されている

インパネ周りも水平基調で見切りがよく初心者でも運転しやすい

収納スペースに関してはそれほど多くはないが、少なすぎて困るということはないだろう

前席はセパレートタイプとなっておりシート間にはスマートフォンなどが置ける収納スペースが設けられている

トランクもミニマムだが普段の買い物くらいなら積載には問題なさそうだ

ムーヴキャンバス

f:id:TIMMY:20200815154413j:plain

f:id:TIMMY:20200815154418j:plain

ベースグレードはベージュ色の内装を採用しており明るい開放感のある車内となっている

スーパーハイト軽ほどではないが室内高も1,285ミリと余裕があるので普段使いでも問題なく使えそうである

また後部座席の下にもおきらくボックスと呼ばれる収納スペースが用意されており買い物袋などを安定して積むことができる

デザインだけでなく普段使いでも申し分のないものになっている

安全装備

ミラトコット

f:id:TIMMY:20200815163829j:plain

f:id:TIMMY:20200815163735j:plain

ミラトコットには “SA Ⅲ”と呼ばれる安全運転支援システムがほぼ全てのグレードに装備されている

衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能、オートハイビームなど安心して運転するための装備が充実しているので付けておきたい装備である

また前方から衝突による傷害を軽減するデュアルSRSエアバッグの他に車両側方からの衝撃を緩和するSRSサイドエアバッグ(運転席/助手席)、頭部側面への衝撃を緩和するSRSカーテンエアバッグを全車に標準装備している

f:id:TIMMY:20200818081913j:plain6つのエアバッグを全グレードに標準装備しているミラトコット

ムーヴキャンバス

f:id:TIMMY:20200818081000j:plain

f:id:TIMMY:20200818083008j:plain

ステレオカメラ+ソナーセンサーにより車両だけでなく歩行者の検知も可能になったスマートアシストⅢ

歩行者に対しては約4〜約50km/h走行時に衝突が避けられないとシステムが判断した場合に強いブレーキをかけて衝突回避や被害の軽減をサポートしてくれる

AFS機能付LEDヘッドライト

f:id:TIMMY:20200818214045j:plain ▲進行方向を照らしてくれるAFS機能付きのLEDヘッドライトが採用されている

ステアリング操作にあわせてヘッドランプが可動しカーブなどでの進行方向の視認性を高めてくれる

価格

最後は価格に関して比べてみた

ミラトコット

L 1,094,500円
L “SA Ⅲ”
1,160,500円
X “SA Ⅲ” 1,243,000円
G“リミテッド SA Ⅲ”
1,254,000円
G“SA Ⅲ”
1,320,000円

ムーヴキャンバス

L “SA Ⅲ” 1,276,000円
X “SA Ⅲ”  1,430,000円
G “SA Ⅲ” 1,518,000円

ムーヴキャンバスのほうがミラトコットよりも約20万程車両価格は高くなっている

コストのかかるスライドドアを搭載していたり、内装の質感などが価格面に反映されているのだろう

ムーヴキャンバスには『メイクアップリミテッド』と呼ばれる内装にメッキ加飾や専用のアクセントカラーが追加できる上級グレードも存在する

f:id:TIMMY:20200819215436j:plainブラックインテリアパックを付けるとシックな大人の雰囲気漂う内装へと変貌する

まとめ

かわいい系の軽自動車として人気の高いミラトコットとムーヴキャンバスを今回は比較してみたが、エクステリアからインテリアまで大きく異なる2車となっている

シンプルモダンテイストで余計な加飾を施さずコストパフォーマンスに優れた車ながら基本性能もしっかり抑えたミラトコット

6つのエアバッグを標準装備など安全性能にも抜かりのないミラトコットは運転に自身のない方でも不安なく乗ることができる車に仕上がっている

ワーゲンバス風なレトロ調ながら最新装備や使い勝手抜群のパッケージが魅力のムーヴキャンバス

両側スライドドアを搭載しているので子育て世帯にもオススメできるのはもちろんのこと、ご年配の方にも使いやすいミニバスとなっている