ヒヨコブログ

車についての記事が多めです。★You Tubeもやってます→http://bit.ly/2TuZiy6

スズキのスペーシアがマイナーチェンジ

スズキの大人気スーパーハイト軽ワゴンのスペーシアにマイナーチェンジが敢行された

マイナーチェンジの内容は以下の通りとなっている

f:id:TIMMY:20200823123402j:plain

全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC) (スペーシア HYBRID Xアップグレードパッケージ、スペーシア カスタム、スペーシア ギア)

▲スペーシアにも新型ハスラー同様、全車速に対応したACCが搭載された

これで全車速追従機能付きのACCが搭載されたスーパーハイト軽はスペーシア、タント、日産ルークス、三菱EXスペースとライバル間での差が縮まった

NBOXも今年度中にマイナーチェンジの噂があるがライバル勢と足並みを揃えるためには全車速追機能付きのACCは絶対に搭載してくるだろうと考えられる

ファミリーカーとして使い勝手の高いスペーシアの商品力が今回の全車速ACC対応により更に磨きがかかった

夜間の歩行者にも対応したデュアルカメラブレーキサポート

スペーシアにはステレオカメラを用いたデュアルカメラブレーキサポートシステムが採用されている

人間の目のように2つのカメラを用いて先行車や歩行者を検知して、衝突の危険などをシステムが判断すると車両側で緊急ブレーキを作動する

そのカメラの検知機能がアップして夜間の歩行者にも対応するようになった

f:id:TIMMY:20200823172945j:plain

f:id:TIMMY:20200823172948j:plain夜間は運転時の視界も悪くなるので夜間の歩行者に対応したのは嬉しいトピックである

SRSカーテンエアバッグ標準装備

f:id:TIMMY:20200823175126j:plain 運転席、助手席のSRSエアバッグに加え SRSサイドエアバッグ、側面衝突の頭部への衝撃を緩和するSRSカーテンエアバッグを標準装備とした

小さなボディに広大な空間が売りのスーパーハイト軽自動車だが、もしもの事故の際に乗員をどれだけしっかり守ることが出来るのかが不安な要素にもなってくる

特に小さな子供を乗せることが多いと想定できる軽自動車にはカーテンエアバッグやサイドエアバッグなどが標準装備となっているかはこれからのユーザーのクルマ選びの際に重要な要素となるだろう

まとめ

軽自動車ランキングにおいても上位の位置をキープしているスズキのスペーシアだったが、王者NBOXや新型タント、プロパイロットなどの先進技術を搭載してフルモデルチェンジしたルークスなどライバル勢の勢いに押され気味の所もあった 走りや燃費性能に関しては元々ユーザーの満足度も高かったスペーシアなので今回のマイナーチェンジにより更にユーザーの注目度も高まるだろうと予想できる