ヒヨコブログ

車についての記事が多めです。★You Tubeもやってます→http://bit.ly/2TuZiy6

【コンパクトミニバン】ソリオとフリードを比較してみた

広さと取り回しの良さで人気なコンパクトミニバン

ミニバンほど大きなボディではないので運転もしやすく、軽自動車よりも広い車内空間は大人5人でもしっかり寛げるスペースがありコスパも高いジャンルである

今回はそんなコンパクトミニバンの中でも人気の高いスズキのソリオとホンダのフリードの両者を比べてみた

f:id:TIMMY:20200905174002j:plain

■エクステリア

外寸サイズは両車で以下の通りとなっている

ソリオ 全長:3,710mm 全幅:1,625mm 全高:1,745mm

フリード 全長:4,265mm全幅:1,695mm全高:1,710mm

ソリオもフリードも※5ナンバー車の規格に収まるボディサイズとなっているが、ソリオに関しては全幅が短く全高の高いスーパーハイト軽自動車の拡大版のような外寸になっているので軽自動車から乗り換えを検討している方にはソリオのボディサイズは取り回しもよく運転がしやすい

**※5ナンバー規格

全長:4700mm以下

全幅:1700mm以下

全高:2000mm以下**

■インテリア

室内寸法は以下の通りである

ソリオ 室内長:2,515mm室内幅:1,420mm室内高:1,360mm

f:id:TIMMY:20200905224033j:plain

フリード 室内長:3,045mm室内幅:1,455mm室内高:1,275mm

f:id:TIMMY:20200905224444j:plain

車の長さがそのまま室内長に反映されておりフリードはコンパクトミニバンながら3列目シートもしっかり座れる空間を確保している

ソリオは室内高が1,360ミリと高くなっておりチャイルドシートなどを積んでも圧迫感のない空間となっている

前後ウォークスルーも容易に行える点も軽自動車には無いメリットとなっている

どちらのクルマもコンパクトなボディサイズからは想像できない大きな室内空間を実現している

荷室

ソリオ

f:id:TIMMY:20200906230838j:plain

フリード

f:id:TIMMY:20200906231124j:plain

どちらの荷室スペースもスクエア形状で荷物の積み込みが楽に行える

ソリオは後部座席を倒せば座面も連動して下がるダブルフォールダウン機構によりフラットで広い荷室スペースに拡大することも出来る

フリードは3列シート車の場合、3列目を左右に跳ね上げて荷室スペースを拡大する方式となる

低床フロアにより開口部地上高480mmとあまり荷物を持ち上げすに積載することが出来るのもフリードのメリットとなる

■快適装備

●ソリオ

f:id:TIMMY:20200907223704j:plain フラットフロアで前後左右容易に移動できるようになっている

最近の軽自動車の中にも助手席や運転席が大きくスライドして前後ウォークスルーが行える車種も増えてきたが、やはりコンパクトカーの車幅ならより簡単に前後ウォークスルーが可能になる

f:id:TIMMY:20200907224553j:plainNBOXのスーパースライド仕様車

フリード

f:id:TIMMY:20200907225007j:plain

ハンズフリースライドドア(ディーラーオプション)

足先をかざすだけでスライドドアを開閉することができるハンズフリースライドドアなら両手が塞がっていても簡単に乗り込むことが出来る

■安全性能·燃費

■ソリオ

f:id:TIMMY:20200907110520j:plain

デュアルカメラブレーキサポート

ソリオには夜間の歩行者も検知可能なデュアルカメラブレーキサポートが搭載されている

衝突の危険性などを2つのカメラが検知すると運転者に警告音で知らせたり衝突を免れないとシステムが判断した場合には緊急ブレーキを作動する

f:id:TIMMY:20200907110557j:plainアダプティブクルーズコントロール ステアリングに付いているACCスイッチを押すことによってステレオカメラが先行車の距離を測定し予め設定した車間距離を保持しながら追従走行を行ってくれる

フリード

f:id:TIMMY:20200907152743j:plain

ミリ波レーダーと単眼カメラを使い、運転のサポートを行ってくれる『ホンダセンシング』が搭載されている

ソリオ同様に先行車を検知して追従走行を行ってくれるACC(アダプティブクルーズコントロール)やLKAS(車線維持支援システム)により快適なドライブをサポートしてくれる

f:id:TIMMY:20200907223303j:plain 1列目シート用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム※2タイプ別設定[タイプベ別設定]

■価格 まとめ

●ソリオ

G 1,486,100円
HYBRID MX 1,734,700円
HYBRID MZ 1,991,000円
HYBRID SX 2,057,000円
HYBRID SZ 2,219,800円

フリード

B・Honda SENSING 1,997,600円(6人乗り)
フリード G・Honda SENSING
2,160,400円l(6人乗り) 2,182,400円(7人乗り)
フリード+ G・Honda SENSING 2,182,400円(5人乗り)
フリード+ CROSSTAR・Honda SENSING
ガソリン
2,402,400円(5人乗り)
フリード HYBRID G・Honda SENSING 2,561,900円(6人乗り) 2,583,900円(7人乗り)
フリード+ HYBRID G・Honda SENSING 2,583,900円(5人乗り)
フリード HYBRID CROSSTAR・Honda SENSING
2,781,900円
フリード+ HYBRID CROSSTAR・Honda SENSING 2,803,900円

排気量も両車で異なるのでそれに伴い税金も変わってくる 購入を検討する際には年間の維持費も確認しておきたい

ソリオはスーパーハイト軽自動車からの乗り換えなら取り回ししやすいボディサイズで不安なく運転できるだろう

高い室内高や軽量ボディによる余裕のある走行性能などがソリオの魅力となっている

ただし5人乗りを想定しているなら後部座席の形状を考えると厳しいものとなりそうだ

後部座席のヘッドレストも2人分しかなくチャイルドシートを設置すると後ろのスペースは更に狭くなるだろう

もしもの時は5人乗れるが、4人乗り前提のクルマとして考えたほうがよさそうだ

大人二人、子供が3人以上や多人数で乗る機会が多い場合は3列シートも選べるフリードの方が快適に使えそうだ

ミニバンのような大きなクルマを運転するのは自信がないというユーザーにもコンパクトボディで取り回す性能にも優れているフリードはオススメだ