ヒヨコブログ

車についての記事が多めです。★You Tubeもやってます→http://bit.ly/2TuZiy6

【N-ONE】フルモデルチェンジ情報

三谷幸喜×香取慎吾による新感覚エンターテインメント、Amazon Original ドラマシリーズ『誰かが、見ている』9.18配信開始

ホンダのスペシャリティ軽ハイトワゴン『N-ONE』のフルモデルチェンジ情報が流れてきた

初代N-ONEはホンダのNシリーズ第4弾として発表され、レトロなデザインとその外観からは想像できないパワフルな走りで好評のクルマだった

NBOXのあまりの人気ぶりに販売台数こそふるわなかったがNONEの唯一無二のデザインに惚れこんだユーザーは多いことだろう

そんなNONEのフルモデルチェンジということで自身も注目しているが初代モデルからどのような変更点があるのだろうか

f:id:TIMMY:20200911083020j:plain ▲初代N-ONE N360を彷彿とさせるレトロなデザインながら先進性も感じられる秀逸なクルマとなっている

■エクステリア

f:id:TIMMY:20200911113840j:plain

基本的なデザインは先代モデルを踏襲しておりぱっと見はどこが変わったのかわからないような印象をうけるが、軽自動車初の“デイタイムランニングランプ”を搭載したりリアコンビネーションランプもフルLEDになったりとしっかりブラッシュアップされたニューモデルということが確認できる

また新たなグレードとして設定されたRSグレードにはこちらも軽自動車では初となるFFターボ6MTの設定が用意された

今では希少となったMTモデルが選べるというのも新しいN-ONEの大きな魅力となりそうだ

f:id:TIMMY:20200911114645j:plain

f:id:TIMMY:20200911114657j:plain

数少ないMTモデルの1つとして運転好きからも絶大な支持をうけそうなRSグレード

■インテリア

f:id:TIMMY:20200911115100j:plain

見切りのいい直線基調で開放的のあるインテリアとなっている シンプルながら洗練されたものとなっている

収納面に関してもそれほど過剰に設けられていないように写真からは見て取れる

前席はセパレートタイプとなっており運転中のホールド性も良さそうだ

ここはファミリーユースを前提としたNBOXとはキャラクターが大きく異なっている

スペース最優先ならNBOXに軍配があがるがN-ONEでも大人が後部座席に乗っても十分快適な空間は確保されているだろう

■安全装備

f:id:TIMMY:20200911172722j:plain

とうとうN-ONEにもホンダセンシングが搭載され安全性能においても他車に引けをとらないものになっている

ロングツーリングを快適に行えるACC機能はおそらくMWGN同様に全車速追従式のものを搭載してくるだろう

電子パーキングブレーキも搭載されるようなので停車中にブレーキから足を離しても停止状態をキープしてくれるオートブレーキホールド機能も使えるだろう

f:id:TIMMY:20200911172826j:plain停車中にブレーキペダルから足を離しても、停車状態とアイドリングストップがキープされるオートブレーキホールド機能(写真はNWGN)

■まとめ

Nシリーズの中でも個性的なモデルというイメージの強いN-ONE

先代モデルも走りという面においては軽自動車のみならずコンパクトカーをも凌駕するようなクルマとして人気のあるものだった

走りや安全性能に更に磨きのかかった次期N-ONEがデビューするのは今年の秋のようだ

参考サイトhttps://www.honda.co.jp/N-ONE/