ヒヨコブログ

車についての記事が多めです。★You Tubeもやってます→http://bit.ly/2TuZiy6

100万円前後で購入できるコスパの高い軽自動車4選

軽自動車の質感向上や安全機能の充実に伴い車両本体価格の上昇が顕著となっている

特にNBOXやタントなどの背の高いスーパーハイト軽はカスタムモデルともなると豪華装備満載で乗り出し価格が200万を超えるのも珍しくない

もちろん乗り心地や質感の面でも満足感はとても高くなっておりファーストカーとしても全く不自由なく使えるものとなっている

しかしだからといって100万円前後の車両価格の車が安全性能や質感の面でスーパーハイト軽自動車に大きく劣っているかといえば一概にそうともいえない

今回は軽自動車の中でも車両本体価格が安くコストパフォーマンスに優れた車種をまとめてみた

■ミライース

f:id:TIMMY:20200925222114j:plain 第3のエコカーとして発売されたミラーイースはWLTCモード燃費で25.0km/Lというガソリン車の中でもトップクラスの低燃費で人気のセミトールワゴンタイプの軽自動車である

ハイブリッドやモーターに頼らず車両自体の徹底的な軽量化やガソリンの燃焼効率の向上によって上記の低燃費を達成している

二代目にフルモデルチェンジされ、走行性能の向上や予防安全技術『スマートアシストⅢ』も搭載され衝突警報機能や車線逸脱警報機能、オートハイビームなど安心して運転出来るサポート機能も強化された

気になる車両本体価格は売れ筋となりそうな X “SA Ⅲ” で 1,100,000円と、とてもリーブナブルな価格となっている

全高は1500メートルと立体駐車場にも入る高さながら室内は十分なスペースがあり圧迫感も感じることはないだろう

f:id:TIMMY:20200925225719j:plain

■アルト

現行モデルで8代目となるアルトはスズキの中でも歴史あるクルマの1つである

f:id:TIMMY:20200928114410j:plain

『アルト47万円』という初代モデルの衝撃的なキャッチコピーの通り当時から部品点数の簡素化や徹底的な軽量化がなされており、そのアルトの基本コンセプトは現行モデルにも引き継がれている

現行アルトの車体重量も最大で740kgと軽量ボディとなっており燃費の面においても走りにおいても軽量化の効果を感じることが出来るだろう

車両本体価格は最上級グレードにあたるXグレードでも1,193,500円とお買い得な価格となっている

デュアルブレーキサポートにも代表されるスズキセーフティーサポートも全グレードに装備されており(Fグレードにはレス仕様あり)安全性能においても問題はないだろう

■ワゴンR

アルトやミラでは少し狭いのでは?というユーザーにオススメなのがワゴンRなどの軽ハイトワゴンである

f:id:TIMMY:20200928114619j:plain

室内高も適度に高く、荷物の積載にも優れたパッケージングは道具として使うクルマとしても4人家族のファミリーカーとしても使い勝手抜群のクルマである

f:id:TIMMY:20200926233200j:plain

その中でもワゴンRは軽ハイトワゴンの中でも人気が高く、また燃費性能においてもマイルドハイブリッドと呼ばれるハイブリッド技術が採用されておりWLTCモード燃費で※25.2km/Lと軽ワゴンにおいてNo.1の燃費となっている(※HYBRID FZ2WD,HYBRID FX2WD車)

ワゴンRにはワゴンRスティングレィというカスタムグレードが存在するがHYBRID Xグレードで1,501,500円とやはり軽自動車の中では高額な価格帯のものとなっている

f:id:TIMMY:20200927082206j:plainワゴンRスティングレイ 内外装の質感が高くなりパドルシフトなどの装備も加わるワゴンRの上級グレードとなっている

対するスズキセーフティサポートが装着されているノーマルワゴンRの『HYBRID FXグレード』が1,280,400円円からと購入しやすい価格になっている

■ミラトコッコ

現行ミライースをベースとした派生車種として2018年6月に発表されたセミトールワゴンタイプの軽自動車

f:id:TIMMY:20200927214648j:plain

ミライースをベースにしながらもAピラーを少し立て、室内高も30mm拡大しているので乗り込んだ際の開放感もあるクルマとなっている

派手な加飾は行わずエクステリア同様にシンプルにまとまったインテリアなど、高級化路線をいくスーパーハイト軽自動車とは真逆のスタンスの軽自動車となっている

安全装備に関しては充実しており、SRSサイドエアバッグやSRSカーテンシールドエアバッグを全グレードに標準装備としている

車両本体価格は『X “SA Ⅲ”』で1,243,000円からとなっている

f:id:TIMMY:20200927214745j:plain

■まとめ

NBOXやタントなどのスーパーハイト軽はカスタムモデルともなると200万円を超えるのがザラである

もちろん、便利なスライドドアや広大な室内空間は魅力的なポイントとなっているが価格を考慮すると躊躇してしまう人も少なくないだろう

今回紹介した軽自動車たちは先進の安全機能を備えながら価格もリーズナブルなものとなっている

パッケージングに関してもワゴンRのような軽ハイトワゴンは十分広く設計されており大人4人でも快適にドライブが出来るクルマとなっている

また、中古車市場には走行距離の少ないものや未使用車で100万円をきる車種も見つかるので狙い目かもしれない