ヒヨコブログ

車についての記事が多めです。★You Tubeもやってます→http://bit.ly/2TuZiy6

レジャーシーズンにオススメの軽自動車

秋といえば気候的にすごしやすく、行楽に出かけるには絶好の季節である

今年はコロナ禍ということもありなるべく人が密集する場所へのレジャーは控えたい人と多いだろう

大自然の中でのキャンプなら密になる心配もなく美味しいものを食べてのんびりした時を楽しむこともできる

今回はそんかアウトドアシーズンにオススメの軽自動車をまとめてみた

■ソロキャンや2人までにオススメの軽自動車

ハスラー

最近はソロキャンプを楽しむ人も増えている スズキから発売されている軽クロスオーバーSUV『ハスラー』ならそんなニーズにもガッチリ応えてくれるだろう

エクステリアも新型モデルになり、ガッシリとしたタフさが増しレジャーシーンにおいても道具としてガンガン使えそうなものになった

収納スペースも豊富に用意されており、日常使いでも使いやすいクルマになっている

また“ヒルディセントコントロール”や“グリップコントロールシステム”などオフロード走行の際に頼もしい機能も搭載されているので安心して運転することができる

f:id:TIMMY:20201001133240j:plain

アプローチアングル29°、デパーチャーアングル50°と悪路走行の際にもボディを傷つける心配がないように設計されている

f:id:TIMMY:20201001214648j:plain

泥がついたものや水に濡れたものを載せても拭き取りやすいラゲッジフロアになっているのでお手入れも簡単にできる

タフト

f:id:TIMMY:20201002081314j:plain

ダイハツから新発売されたタフトもアウトドアシーンに使いやすい装備が充実したモデルとして注目を集めている

ハスラーよりも更に角が立ったデザインでギア感あふれるデザインとなっている

フロント席の頭上に開閉式のガラスルーフ『スカイフィールトップ』が装備されており開放感を味わいながら道中のドライブも楽しむことが出来るようになっている

f:id:TIMMY:20201002081535j:plain

安全装備に関してもダイハツの予防安全システム『スマートアシストⅢ』が採用されており緊急自動ブレーキや誤発進抑制機能、レーンキープや全車速対応のオートクルーズ機能もあるので長距離ドライブでも快適である

タフトにはダイハツの軽自動車では初となる「電動パーキングブレーキ」も搭載されており一般的な手で引くサイドブレーキや足踏み式のものと異なりボタン1つでサイドブレーキをかける事ができる

オートブレーキホールド機能もあり、システムをONの状態にしておけば渋滞や信号待ちの際にブレーキから足を離してもブレーキを保持してくれる

f:id:TIMMY:20201002083027j:plain

■荷物を多く積みたい 車中泊もしたい

軽自動車で車中泊を楽しむユーザーも増えている そんなときに便利なのはやはり軽自動車では最大級の室内空間を確保している軽ワンボックスだろう

エンジンをフロントシート下に搭載するキャブオーバー型のボディは室内長も大きくとれシングルベッドサイズの折りたたみマットレスなら余裕で敷くことの出来るスペースがある

代表的な車種といえばスズキのエヴリィやダイハツならハイゼットなどが挙げられる

f:id:TIMMY:20201004232327j:plain

中古車市場にも多くのクルマが掲載されているので状態のいいものを探しやすい

乗り心地や燃費の面が気になるところかもしれないが、キャンプ道具をたくさん積んでも人が4人しっかり座れる空間があるのは軽ワンボックスの魅力だろう

■まとめ

軽自動車は日常のシーンでも小回りがきいて便利で燃費性能にも優れている車種が多い

そんな軽自動車の中でも今回紹介したクルマというのは日常使いだけでなくキャンプなどのアウトドアでも使い勝手のいいものとなっている

ハスラーやタフトなどはエクステリアもアウトドアシーンに映えるものとなっており、子供心を回帰させてくれる秀逸なデザインのクルマになっている

エヴリィなどの軽ワンボックスは無骨なイメージだがカスタマイズして楽しむことが出来るパーツが豊富にあるので走る秘密基地として多くの軽キャンパーにも愛されてる