ヒヨコブログ

車についての記事が多めです 。★You Tubeもやってます→http://bit.ly/2TuZiy6

【サイドエアバッグ・カーテンエアバッグ】装備されている軽自動車まとめ

軽自動車の安全装備も年々進化しており、普通乗用車と比べても遜色ないものになってきている クルマを選ぶときデザインや乗り心地、価格などユーザーによって重視するポイントは様々だろうが中でも安全性能は優先順位の高いものとなる

軽自動車というのはボディも小さく車重も軽いので衝突事故が発生した際の衝撃も大きくなる

横幅もコンパクトカーなどに比べても狭い軽自動車はやはり側面衝突時の衝撃も乗員に伝わりやすい傾向にある

そんなとき、サイドカーテンエアバッグやSRSサイドエアバッグなどが装着されているかが生死を分ける重要なファクターになるといっても過言ではないだろう

今回はカーテンエアバッグが装備されている軽自動車を一部抜粋したのでクルマ選びの参考にしてほしい

■NBOX

ホンダの大人気軽ミニバンNBOX NBOXには『前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム』がタイプ別に設定されている

f:id:TIMMY:20201022233343j:plain

NBOXは衝突安全性能評価で最高ランクのファイブスターを獲得している

f:id:TIMMY:20201022225919j:plainNBOXエアバッグ展開イメージ

■N-WGN

前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム〈前席/後席対応〉が全グレードに標準装備となっている

N-WGNにおいても衝突安全性能評価で最高ランクのファイブスターを獲得している

f:id:TIMMY:20201022225706j:plain

■タント

子育て世代にも人気のダイハツのスーパーハイト軽自動車『タント』

こちらの現行モデルにもSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグが全グレードで標準装備となっている

f:id:TIMMY:20201022230144j:plain中央にピラーのない(ドア内にピラーが内蔵)ミラクルオープンドアによる大開口のドアがタントの魅力の1つである

■ミラトコット

セミトールワゴンの中でも女性人気の高いミラトコット

視界も良好でダイハツの予防安全技術スマートアシストⅢも搭載されているので運転に不慣れな方にも安心である

f:id:TIMMY:20201022230610j:plainスマアシⅢの機能の1つ“車線逸脱警報機能” ■デイズ

日産のハイト軽ワゴン『デイズ』

f:id:TIMMY:20201022233457j:plain

インテリアの質感も高く、シートもボリューム感がありクオリティの高さが感じられる軽自動車となっている

『ノート』や『セレナ』にも搭載されているプロパイロットが二代目デイズに搭載されており全車速対応のオートクルーズ機能のおかげで長距離移動も快適に行うことができる

サイドエアバッグ、カーテンエアバッグは全グレードに標準装備となっている

■ハスラー

ワゴンR譲りのユーティリティ性能の高さにSUVながらキュートなエクステリアで瞬く間に人気となった クロスオーバーSUVというジャンルを軽自動車界に広めた立役者

二代目にフルモデルチェンジされ安全装備の充実や乗り心地が劇的に改善され更に売れ行きを伸ばしている

運転席・助手席SRSエアバッグに加えて、フロントシートSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグを全グレードに標準装備となっている

f:id:TIMMY:20201022225634j:plain

■スペーシア

スズキのスーパーハイト軽自動車

コンセプトは『スーツケース』 どこかに出掛けたくなるエクステリアはスーパーハイト軽の中でも個性際立つデザインとなっている

f:id:TIMMY:20201022233023j:plain

一部仕様変更が行われ、全グレードにサイドエアバッグ、カーテンエアバッグが標準装備となった

まとめ

一昔前の軽自動車といえば、燃費性能や価格の安さが最優先され安全装備などは二の次というイメージがどうしてもあった

昨今軽自動車ユーザーの増加に伴い、衝突軽減ブレーキやオートクルーズ機能など安全装備への関心も劇的に高まった

軽自動車は万が一の事故の際に被害が大きいとのでは?という不安に思うユーザーも多いだろう

しかしこれからはより多くの軽自動車にサイドエアバッグやカーテンエアバッグなどの安全装備が普及していき益々使いやすく安全なクルマへとなっていくことだろう