ヒヨコブログ

車についての記事が多めです 。★You Tubeもやってます→http://bit.ly/2TuZiy6

『N-ONE』と『アルトワークス』比較してみた

軽自動車の中でも走りを楽しみたいという方に人気の軽自動車といえばスズキのアルトワークスだろう

現行のアルトワークスは2015年12月24日に登場しスズキが得意とする軽量化技術によりボディ重量はなんと最軽量のモデルで驚異の670キロとなっている

この超軽量ボディのおかげで素早い加速感、クイックなハンドリング性能を実現しており価格も手頃なので軽スポーツを楽しみたいユーザーに好評を得ている

そんなアルトワークス同様に走りに楽しめる軽スポーツカーとして注目されているのがホンダのN-ONEである

二代目にフルモデルチェンジになり外観こそ大きな変化はないが中身が大きく初代から進化しておりこちらも期待の軽自動車である

今回はそんな軽自動車の中でも走りにフォーカスを定めた2台のクルマを比較してみた

エクステリア

アルトワークス

f:id:TIMMY:20201102215604j:plain

セミトールタイプの軽自動車なので、全高はそんなに高くない、冒頭にも述べた軽量化という面においても背の高さを低く抑えるということはやはり重要なのだろう

アルトベースのクルマなので大人4人がしっかり乗れる空間は確保されている 日々の生活の足車としても使えるし、それでいて走りも楽しめるというお得感のあるクルマになっている

N-ONE

f:id:TIMMY:20201103075138j:plain

N-ONEはホンダ初の市販軽自動車『N360』をモチーフにしており、台形フォルムに丸目のヘッドライトとスペース効率が重視されやすい傾向にある軽自動車市場においても特徴のあるエクステリアになっている

ワゴンRやムーヴといった軽ハイトワゴンにカテゴライズされるN-ONEだが、直接的なライバルはN-WGNの方となってたり、N-ONEはプレミアム軽カーという位置づけになっている

インテリア

アルトワークス

f:id:TIMMY:20201103080053j:plain

収納スペースは必要最低限となっている アルトワークスのメーターはオーソドックスな三眼メーターとなっているが、ブーストインジケーターと呼ばれるターボ過給圧が高まると白から赤に変化するものが装備されている これにより、視覚的にも走りの愉しさを味わえる仕組みになっている

f:id:TIMMY:20201103080146j:plain

そして何よりアルトワークスには専用設計のレカロシートが奢られている

体をしっかりサポートしてくれるので長距離ドライブでの疲労感も少なくなるだろう

f:id:TIMMY:20201103080030j:plain

N-ONE

f:id:TIMMY:20201103080549j:plain

シンプルにまとまったインテリアでアルトワークス同様にごちゃごちゃとした収納スペースは設けられていない

アルトワークスが包まれ感が強いインテリアに対してN-ONEでは適度な開放感が感じられるものとなっている

助手席や後部座席に人を乗せる機会が多いならN-ONEのほうが同乗者には好まれるかもしれない

走行性能

アルトワークス

アルトワークスにはR06Aエンジン型のターボエンジンが搭載されている

f:id:TIMMY:20201104173821j:plain

アルトワークス専用にチューニングされておりアクセルを踏んだ時のレスポンスの良さや 軽自動車ながらトルクフルな走行性能が実現している

<エンジンスペック> 最高出力:47kW<64fps>/6,000rpm 最大トルク:100N.m<10.2kg.m>/3,000rpm

N-ONE

N-ONEのターボグレードのトランスミッションにはCVT(無段変速機)に加え、新たに6速MTが設定されている

初代モデルも低回転から力強い加速感がえられるエンジンで走りに関しては定評があったが今回の新型モデルも同様に期待できそうだ

NBOXやN-WGNのターボモデルにも採用されている電動ウェイストゲートによりターボラグのないリニアな加速感を実現している

まとめ

軽自動車の売れ筋といえば背の高いNBOXやタントなどの実用性が高いモデルが中心だがやはり今回紹介したアルトワークスやN-ONEといった走りに特化したクルマというのも需要があり、軽自動車で気軽にスポーツ走行を楽しみたいというユーザーにはベストなクルマ達だろう

新型N-ONEはまだデビューしていないので詳しい情報はまだわからないが、詳細が判明しだい当ブログでも記事にしていきたい