Web Analytics Made Easy - StatCounter

ヒヨコブログ

車についての記事が多めです 。★You Tubeもやってます→http://bit.ly/2TuZiy6

日産 新型ノート発表 先代モデルと比較

日産のコンパクトカー『ノート』が2020年11月24日に新型モデルを発表した

今回で3代目となる新型ノートだが、ガソリンモデルがなくなりパワートレーンはe-powerのみとなった。

モーターの出力も大きく向上し、新プラットフォームにより剛性感や走りの性能も大きく向上した新型ノートを先代モデルと比較してみた

■エクステリア

f:id:TIMMY:20201125110631j:plain

f:id:TIMMY:20201125110640j:plain

上が今回発表された新型ノートE13型、下が二代目モデルE12型

フロントグリルと一体化された切れ長のヘッドライトとそれを繋ぐVモーショングリルが印象的な新型日産ノート

先代モデル同様に空力抵抗を考えた丸みのある流線型のボディだが先代モデルと比べてみるとボンネットが強調されコンパクトカーながら迫力のある顔つきへとなった

ボディ外寸を比較すると以下のとおりとなっている

E12 E13
全長 4,100mm 4,045mm
全幅 1,695mm 1,695mm
全高 1,525mm 1,505mm

先代モデルと比較すると全幅こそ一緒だが、全長と全高は僅かだが縮小した新型ノート

しかし車内空間はクラストップレベルの空間を維持しているので、街乗りにおいても先代モデル同様に扱いやすいコンパクトカーとなっている

標準グレードは残念ながらハロゲンヘッドライトとなってるがオプションで全グレードに4連LEDプロジェクターヘッドライトが選択可能になっている

安全性を考えても積極的に選びたい装備である

■インテリア

コンパクトカー市場の中でも人気の高いトヨタ『ヤリス』やホンダの『フィット

そんな競合車と比べてみても今回の新型ノートのインテリアの質感は先進性も感じられライバル勢に負けないクオリティの高いものとなっているのではなかろうか

メーターとセンターディスプレイが一体となった統合型ディスプレイが採用されており視認性にも優れたものになっている

f:id:TIMMY:20201125115246j:plain ▲一枚の大きなディスプレイのような統合型のディスプレイは表示内容も自由に変更できるスグレモノ

内装はブラックを基調としており落ち着いた上質感のある雰囲気が漂う

後部座席空間も頭上、足元空間にしっかりクリアランスが確保されており後部座席にはリクライニング機構の備わる

新デザインの電制シフトや電動パーキングブレーキなど先進的な機能も多く搭載されておりコンパクトカークラスではヤリスやフィットを凌ぐ装備内容といってもいいだろう

f:id:TIMMY:20201125115253j:plain

f:id:TIMMY:20201125131924j:plain

■走行性能·安全性能

今回新型ノートから全グレードがパワーユニットはe-powerに一本化された

「e-POWER」は、ガソリンエンジン、発電機、インバーター、大出力モーターから成るコンパクトな一体型パワートレインと高電圧バッテリーから構成されています。現在広く普及しているパラレルハイブリッドシステムは、駆動にエンジンと小型モーターを併用していますが、「e-POWER」では、エンジンは発電用としてだけ使用するためタイヤには直接つながっておらず、モーターのみで100%駆動することが最大の特徴です。また、「日産リーフ」のような100%電気自動車と異なるのは、バッテリーに蓄えた電力に加え、ガソリンエンジンで発電した電力を使う点です。「日産リーフ」のエネルギー源はバッテリーのみで、 外部から充電器を通じて充電します。

https://www.nissan-global.com/JP/TECHNOLOGY/OVERVIEW/e_power.html#:~:text=%E6%A9%9F%E8%83%BD%E8%AA%AC%E6%98%8E,%E6%A5%BD%E3%81%97%E3%82%80%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

e-powerは先代モデルから導入されていたがモーターの出力が上がり、よりリニアな加速感を体験するこのが出来そうだ

エンジンスペック

エンジン HR12DE型 1.2L 直3 DOHC
モーター EM47型 交流同期電動機
(フロント)
N2型 交流同期電動機
(リア、4WD専用)
最高出力 HR12DE型
60kW (82PS) /6,000rpm
EM47型
85kW(116PS)/2,900-10,341rpm
最大トルク HR12DE型
103N·m(10.5kgf·m)/4,800rpm
EM47型
280N·m(28.6kgf·m)/0-2,900rpm

■価格

Fグレード: 2,054,800円 Sグレード:2,029,500円 Xグレード:2,186,800円

■まとめ

日産のコンパクトカー『ノート』のフルモデルチェンジにより、コンパクトカー市場もこれから益々活気づいていきそうだ

特に今回のフルモデルチェンジにより全グレードにe-powerが採用されたのは大きなトピックである

乗り出し価格じたいは競合他社に比べて高く感じるかもしれないが、爽快な加速感や高い静粛性、そして燃費性能にも優れていることを考えると200万円代というのはお買い得かもしれない

OCNモバイルONE