Web Analytics Made Easy - StatCounter

ヒヨコブログ

車についての記事が多めです 。★You Tubeもやってます→http://bit.ly/2TuZiy6

『新型ソリオ』『NBOX』 比較してみた

ホンダのスーパーハイト軽ワゴンNBOXがマイナーチェンジした

最早、ホンダの屋台骨といっても過言ではないNBOX

今回のマイナーチェンジではホンダセンシングの機能向上によりACCが全車速追従対応になったりカラーバリエーションが増えたりと人気のNBOXが更にブラッシュアップして発売されるようだ

既存のモデルからの乗り換えを検討している人や新たに車の購入を考えている人の中にもNBOXを候補として挙げている人もいるだろう

そんな注目のNBOXだが充実した装備内容や内外装の質感はコンパクトカー顔負けのものとなっている

しかし車両本体価格もコンパクトカーに近いかあるいはカスタムモデルともなると一部のコンパクトカーを超える価格となってくるのでそれならば排気量に余裕のあるコンパクトカーも選択肢に入ってくる

そこで今回はマイナーチェンジしたNBOXとボディサイズが近いこちらも2020年12月4日に発売が予定されているスズキの新型ソリオを内外装、安全性能、価格などの面で比較してみた

■エクステリア

どちらの車もフロントノーズが短かくなっており、箱方ボディの広さが感じられるデザインになっている

車幅においては軽自動車規格のNBOXは1,475mmとなっている、対するソリオは1,625mmと5ナンバー枠内におさえている

f:id:TIMMY:20201202162840j:plain

f:id:TIMMY:20201202162939j:plain

狭い道でのすれ違いや街乗りではこのサイズがもっとも生きてくる場面だろう

車高はどちらの車も高くなっておりNBOXが2WDモデルで1,790mm、ソリオは1,745mmとなっている

車高が高いので乗り降りも行いやすく、スライドドア搭載なので駐車場などで子供が後部座席から降りる時にとヒンジドアと違い隣の車にドアパンチする心配がないというメリットがある

デメリットがあるとすれば、背高ボディゆえに強風の吹き荒れるシーンなどにおいては横風の影響を受けやすいということだろう

自身もNBOXを所有しているが強風時に大きな橋を渡るときは横風の影響を受けて少し怖い思いもすることがあるのは事実である

■インテリア

どちらも着座位置が高く、ガラスエリアも大きいので運転がとてもしやすくなっている

サイドウィンドウ、リアウィンドウも大きく作られているので死角が少ない

更にNBOXにはピタ駐ミラーと呼ばれる駐車の時にドライバーの死角になりやすいエリアを確認できるミラーも用意されている

この手の車はファミリーカーとして使われることが多いのでシートアレンジも多彩で収納面に関しても両車これでもかというくらいに豊富に設けられている

車内寸法を比較してみる

ソリオ NBOX
室内長 2,500mm 2,240mm
室内幅 1,420mm 1,350mm
室内高 1,365mm 1,400mm

■安全性能

ソリオには『スズキ セーフティ サポート』と呼ばれる予防安全技術が採用されている

f:id:TIMMY:20201202162707j:plain

主な機能は下記の通りとなる

**●アダプティブクルーズコントロール(ACC)[全車速追従機能付]

●デュアルカメラブレーキサポート

●車線逸脱警報機能

●ふらつき警報機能

●先行車発進お知らせ機能

●ハイビームアシスト

●ヘッドアップディスプレイ[カラー]

●標識認識機能

●デュアルカメラブレーキサポート

●誤発進抑制機能

●後退時ブレーキサポート

●後方誤発進抑制機能**

NBOXにはホンダセンシングが今回のマイナーチェンジで全グレードで標準装備となった

f:id:TIMMY:20201202162800j:plain

ホンダセンシングの主な機能は下記のとおりとなっている

●**アダプティブクルーズコントロール(ACC)※全車速追従機能付おそらく今回のマイナーチェンジで全車速対応になるはず

●CMBS(衝突被害軽減ブレーキ)

●誤発進抑制機能

●歩行者事故低減ステアリング

●路外逸脱抑制機能

●LKAS(車線維持支援システム)

●先行車発進お知らせ機能

●標識認識機能

●後方誤発進抑制機能

●オートハイビーム **

■価格

●ソリオ

グレード 価格
G 1581800円
HYBRID MX 1,850,200円
HYBRID MZ 2,022,900円

●NBOX(現行モデル)

グレード 価格
G・Honda SENSING
1,411,300円
G・L Honda SENSING
1,543,300円
G・EX Honda SENSING
1,642,300円
G・L ターボ Honda SENSING
1738000円
G・EX ターボ Honda SENSING 1,793,000円

ソリオには『BANDIT』、NBOXには『NBOXカスタム』と共にメッキ加飾が追加されたりフロントフェイスが標準モデルとは異なるタイプが用意されている

f:id:TIMMY:20201202162404j:plain

f:id:TIMMY:20201202162550j:plain

NBOXの場合は目安として20万ほど予算を追加すればカスタム仕様を選択できる

グレードのEXとは、スーパースライド仕様のことを指し助手席にロングスライド機構が搭載されるグレードとなっている

ソリオの新型モデルはノーマルモデルでも先代モデルと比べると拡大した全長の効果もありとてもスタイリッシュな車になっている

そして、BANDITの特徴はヘッドライトとポジションランプを2段構えに配置した、 トヨタのミニバン『VOXY』にも近いフロントフェイスとなり、スタイリングの近いライバル車ダイハツ『トール』にも負けない迫力のあるコンパクトミニバンに仕上がっている

f:id:TIMMY:20201202162404j:plain

■まとめ

ソリオはコンパクトなボディながら広い車内空間で幅広い層に人気の高いコンパクトハイトワゴンとして今回のフルモデルチェンジで実に4代目となる

マイルドハイブリッドシステムにより低燃費かつ力強い走りも楽しめるのでファミリーカーとしても家計に優しいコスパの高いコンパクトカーとコンパクトハイトワゴン市場をこれからも牽引していくだろう

f:id:TIMMY:20201202162442j:plain

NBOXは軽自動車ながら高いボディ剛性によりコンパクトカーを凌駕するような質感の高い走りが魅力的である

室内空間もいうまでもなく広大でただ単に広いだけでなく助手席スーパースライドシートや後部座席のチップアップ機構など広い車内空間を活かす工夫が随所にみられる魅力的な軽自動車である

f:id:TIMMY:20201202163137j:plain NBOXのチップアップ機構、ベビーカーを畳まずに積むことができる

今回のマイナーチェンジにより使いやすさはそのままに予防安全機能の向上や新色の追加により商品力を大幅に高めてきた印象をうける

どちらの車も完成度は非常に高いので購入を検討している人は是非実車をみて可能ならば試乗もしてみてほしい

参考元:https://www.honda.co.jp/Nbox/ https://www.suzuki.co.jp/car/solio/