ダイハツタフト特別仕様車が発売!ハスラーとどちらがお得!?

ダイハツの軽クロスオーバー「タフト」に特別仕様車がでた

エクステリアやインテリアが標準仕様から大きくアップデートされながら、価格面においてはお得な価格に設定されている特別仕様車はグレード選びに迷ったさいには選択肢としては選ぶ価値は十分にある

今回あらたに設定されたタフトの特別仕様車「Gターボ“クロムベンチャー“/G“クロムベンチャー“」

そんなダイハツタフトの競合車といえばスズキの軽クロスオーバーハスラーである

現行モデルで二代目になるハスラーはスズキの看板車種ワゴンRをベースに最低地上高を高めて外観をSUVテイストに仕上げたモデルとして2013年に初代モデルが投入された

あたらしい遊べる軽! HUSTLER

現行で二代目となるハスラーはワゴンRゆずりのユーティリティ性能の高さを備えながら、ポップな見た目とSUVらしいタフさも感じさせるデザインで人気の軽自動車だ

そんなハスラーも2019年に二代目モデルにフルモデルチェンジが敢行され初代モデルのいいところは継承しつ乗り心地や安全装備が大幅にアップデートされ初代モデル同様に人気を博している

ハスラーにも特別仕様車「J STYLEが設定されている

今回は軽クロスオーバーで人気を二分するダイハツ「タフト」とスズキ「ハスラー」の特別仕様車を比較してみてどちらがお買い得な車種なのかを考察してみる

■タフト

タフトの特別仕様車 「Gターボ“クロムベンチャー“/G“クロムベンチャー“」の特別装備は以下の通りとなっている

●外観

フードガーニッシュ(メッキ)&シルバーアンダーガーニッシュ(フロント)
フードガーニッシュ(メッキ)&シルバーアンダーガーニッシュ(フロント)
バックドアガーニッシュ(メッキ)&シルバーアンダーガーニッシュ(リヤ)
バックドアガーニッシュ(メッキ)&シルバーアンダーガーニッシュ(リヤ)
メッキドアアウターハンドル
メッキドアアウターハンドル
15インチアルミホイール(シルバー塗装)※ベース車Gにも標準装備。
15インチアルミホイール(シルバー塗装)※ベース車Gにも標準装備。

メッキ加飾が施され、標準モデルからさらに迫力が増している

▲標準モデルのタフト

■ハスラー

●外観

●専用メッキフロントグリル●メッキフォグランプガーニッシュ●フロントバンパーガーニッシュ●HUSTLERアルファベットエンブレム
●メッキドアハンドル●ルーフレール
●リアバンパーガーニッシュ
●360°プレミアムUV&IRカットガラス

タフト、ハスラーともに特別仕様車はエクステリアにメッキ加飾が追加され標準仕様よりも精悍さが増している


ハスラーにはフロント、リアともに紫外線と赤外線をカットしてくれる360°UV&IRカットガラスが装備されるので後部座席に人を乗せる機会が多いなら夏の日差しも抑えられるハスラーのほうがより快適にすごせるだろう

タフトはフロントまわりのみUV&IRカットガラスが採用されている

■タフト

●内装

ダークシルバー加飾(エアコンレジスターパネル)
●ダークシルバー加飾(エアコンレジスターパネル)
ダークシルバー加飾(インパネセンターシフトベゼル)
●ダークシルバー加飾(インパネセンターシフトベゼル)
ダークシルバー加飾(メーターパネル)
●ダークシルバー加飾(メーターパネル)
フロントセパレートシート(シルバーステッチ)
●フロントセパレートシート

外装同様に内装にも随所にメッキ加飾が施され、標準仕様よりも印象が大きくかわる

タフトの特徴といえば前席の頭上にひろがる大きなガラスルーフ「スカイフィールトップ」が注目の装備にひとつとして挙げられる

▲日常のドライブもスカイフィールトップを解放すればまた違った景色でドライブを味わうことができる

安全性を考慮してか開閉こそできないが、車内寸法に制約のある軽自動車のなかでも大きな解放感を得るとができるスカイフィールトップはタフトしかない魅力である

軽自動車ではまだまだ採用されているクルマがすくない「電動パーキングブレーキ
タフトには全グレードで標準装備されている

運転中に信号などで停止してもブレーキペダルから足を離してもブレーキを保持してくれる「オートブレーキホールド機能」も便利な機能である

ハスラーもフルモデルチェンジで電動パーキングブレーキの搭載が期待されていたが残念ながら今回は見送られてしまった(ハスラーは足踏み式のサイドブレーキとなっている)

■ハスラー

●内装

レザー調&ファブリックシート表皮やインパネカラーガーニッシュなどタフト同様に内装にもメッキ加飾が追加され標準モデルよりもシックな内装となっている

ナノイー搭載フルオートエアコンにより快適な車内空間でドライブも楽しめる

■まとめ

タフト、ハスラー両者とも特別仕様車にはメッキ加飾が追加されたり内装色が上質感のあるものへとなる

価格に関しては
ダイハツタフトの特別仕様車 GJ STYLEクロム ベンチャーの2駆モデルが1,551,000円

スズキハスラー”J STYLE”の2駆モデルが1,595,000円と金額も似ている

電動パーキングブレーキに代表される安全装備やスカイフィールトップに大きな魅力を感じるならタフト、後部座席の快適性や燃費性能を重視するならハスラーがベストな選択肢となりそうだ

コメント

タイトルとURLをコピーしました