Xiaomi『 redomi note10 pro』 が国内発売決定

Xiaomi(シャオミ)が2021年4月16日に新たなミドルレンジスマートフォン『Redmi Note 10 Pro』 を日本国内で発売することが決定した

この『Redmi Note 10 Pro』価格は3万4800円(税込)と手に届きやすい価格帯ながらスペックを確認してみるとハイエンドモデルと比較してもまったく引けをとらない内容になっているから驚きである

この期待のスマートフォンXiaomi Redmi Note 10 Proのスペックを改めて確認してみたいとおもう

f:id:TIMMY:20210403125822j:plain

■スペック概要

プロセッサー Qualcomm® Snapdragon™ 732G
RAM 6GB
ROM 128GB
サイズ 高さ:164mm
幅:76.5mm
厚さ:8.1mm
重さ:193g
ディスプレイサイズ 6.67インチAMOLED(有機EL)
画面解像度 2,400 x 1,080 FHD+
リアカメラ 1億800万画素+800万画素(超広角)+500万画素(望遠接写)+200万画素(深度
フロントカメラ 1600万画素
バッテリーと充電 5020mAh (typ) 大容量バッテリー
33W急速充電
セキュリティ アーク型側面指紋センサー
ネットワーク 対応ネットワークバンド:

4G:FDD-LTE B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28/66

4G:TDD-LTE B38/40/41(2545-2650MHz)

3G:WCDMA B1/2/4/5/6/8/19

2G:GSM 850 900 1800 1900 MHz

対応ワイヤレスネットワーク

2.4GHz/5GHz Wi-Fi

Bluetooth 5.1

防水防塵性能 IP53
OS MIUI 12 (Android 11準拠)

参考元:

注目はやはり1億800万画素のメインカメラといえそうだ

画素数が高ければいいとは限らないが、センサーサイズも1/1.52と大型化されており室内などの光源のすくない場所でもきれいな写真を撮影できそうだ

f:id:TIMMY:20210404095751p:plain
スクエア形状のカメラユニットを搭載、カメラのでっぱりは大きめだが付属のケースをつければ解消できそうだ

さまざまな撮影モードも用意されており『プロモードタイムラプス』や『デュアルビデオ』など動画撮影においても魅力的な機能が多く搭載されている

ディスプレイは6.67インチの大画面で画面中央にパンチホール型のインカメラを搭載している

リフレッシュレートはハイエンドモデルでも採用が増えてきている120Hzの高リフレッシュレートが採用されておりゲームやウェブブラウジングでもカクツキのないスムーズな操作性でストレスなく使える

映画やyourubeのような動画コンテンツのおいてもステレオデュアルスピーカーを採用している『note10 pro』ならより迫力のある音でたのしめる

f:id:TIMMY:20210404103525p:plain

引用元:https://www.mi.com/jp/product/redmi-note-10-pro/overview

▲カメラ目当てで購入しても後悔することはないだろう

おさいふケータイは非搭載となっているので、おさいふケータイを常用しているユーザーに関してはそこがネックになりそうだ
f:id:TIMMY:20210404105516p:plain
www.hiyoko18-blog.com
▲おさいふケータイ機能搭載が必須ならこちらの『OPPO Reno A』がおすすめ」

まとめ

中国スマートフォンメーカーのなかでも人気のシャオミ

スマートフォン市場のなかでも世界第三位となった(2020年第4四半期)
最も勢いのあるメーカーである

そんなシャオミから新たに発売されるミッドレンジスマートフォン『Redmi Note 10 Pro』は販売価格からは想定できないハイエンドクラスの性能を有している

プロセッサこそ控えめとなっているが、高画素のカメラや120Hzのリフレッシュレート対応の有機ELディスプレイ、デュアルステレオスピーカー搭載など昨今のスマートフォンに求められるものはすべて載せてきた

4月16日の発売が楽しみである



コメント

タイトルとURLをコピーしました