ヒヨコブログ

育児や車のことなどをダラダラ書いていくブログです

映画レビュー 『亜人』

亜人

亜人

あらすじ

交通事故での死亡から一転、生還し、絶命と共に再生を始める能力を持つ新人類“亜人”であることが発覚した主人公が、国家権力やテロをもくろむ同種族の亜人との戦いを繰り広げる。ビルの屋上から飛び降りるなど不死身のキャラクターを生かしたアクション、生と死をモチーフにした深淵なストーリーに期待が高まる。

2017年の東京。研修医の永井圭(佐藤健)はトラックと衝突し死亡するが、その直後、肉体が回復し生還。不死身の新人類“亜人”であることが発覚する。圭は追われる身となり、亜人研究施設に監禁されるが、“帽子”と呼ばれる亜人のテロリスト・佐藤に助けられる。しかし、佐藤は国家転覆計画に加担しない圭を敵視。圭は佐藤の暴走を止めるために立ち上がる。

引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/

以降ネタバレあり

原作を知らなくても面白かった

この作品は漫画原作の映画であるが、原作は読んだことはない。そんな前知識がなくても面白い作品であった。

原作よりもだいぶオリジナリティが強い作品のようだが原作を知っている人でも楽しめたというレビューが多いのも納得である。

グロ要素は多少あるが直接的な描写は少なめである。

キャラクターが魅力的

綾野剛が人類殲滅を目論む亜人「佐藤」を演じているのだがこの佐藤というキャラクターが実に不気味で悪役として物語の重要なファクターになっている。

綾野剛は寡黙でミステリアスなイメージがあるのだが亜人に出てくる佐藤は少しユーモラスな部分が見え、それが一層不気味さを引き立てている様に感じる。

対SAT戦においては絶命すると再生するという(作品内ではリセットと呼ばれている)亜人の特性を生かした戦闘でSATを撃退するのだがアクションシーンがとても見応えがあり、ド派手な銃撃戦も見所である

佐藤健演じる永井も最初は亜人と判明した自分を受け入れることが出来ず葛藤があるのだが物語が進むにつれ亜人として生きていく覚悟を決め、佐藤と対立していく。

CGも迫力あり

亜人IBM(劇中では幽霊や黒ちゃんなど様々な呼び方がある)霧の様なものを出すのだがそれが縦横無尽に動き回り戦闘を繰り広げる。

f:id:TIMMY:20190422231241j:plain ▲おどろおどろしい雰囲気のIBM

永井と佐藤が戦うシーンにおいてもIBMが画面中を動きまわり、通常の肉弾戦に一味違ったアクセントを加えている。

劇中の中にも様々なIBMが登場するが亜人の不気味さを強調する存在となっている。

ただし映画という短い尺なので仕方ないがIBMがどういう存在なのかについてはあまり詳しい説明はなかった。

●まとめ

アクション要素が強めの映画なので2時間があっという間に感じた。中弛みすることなくスピード感がありそれでいてしっかりストーリーも理解することができるので冒頭でも述べたが原作を読んだことがなくても楽しめる作品になっている。

Amazonプライムビデオ登録はこちらから

オススメ! GoogleのChromeキャストについて

Chromeキャストとは

ChromeキャストはGoogleが販売している

スマートフォンで再生している動画などを大画面のテレビで再生を可能にするデバイスである。

実際に我が家でも使っているが大変便利なもので購入してよかったものである

初期設定の仕方、操作方法も直感的に出来る。ここでは初期設定の仕方、操作方法などを簡単に説明したいと思う

まずは同梱物の確認から

Chromeキャスト本体

②USBケーブル

電源ケーブル

以上の3点である

なお電源に関してはテレビの方にUSB端子が付いていたらそこからも給電できる。 

設定方法

①まず初めにChromeキャスト本体とUSBケーブル、電源ケーブルを接続する

②テレビのHDMIポートにChromeキャストのHDMI端子を差し込む

③テレビ画面をHDMI入力に切り替える

▲テレビへの接続は以上で完了である

ここからはスマートフォン(タブレット)での操作になる 

 

スマートフォンから「Google Home」アプリをダウンロードする。

(Android端末の場合はGoogleプレイストアから,iPhoneはAppストアからダウンロードできる)

f:id:TIMMY:20190421091258j:plain

Google Homeアプリを起動してテレビ、スマートフォンの画面の指示に従い、Wi-Fiのパスワードを入力しChromeキャストがWi-Fiと繋がれば初期設定は完了である

操作方法

操作方法も非常に簡単である。

ここではyoutubeを例に操作方法を説明する

YouTubeアプリを起動する

②再生されている動画の右上にキャストボタンが表示されるのでそこをタップ

③テレビ画面にスマートフォンで再生中の動画がキャストされる

※この時スマートフォンでの再生は停止になりスマートフォンがリモコンとして機能する。再生、巻き戻し、一時停止など全てスマートフォンで操作する形になる   

Chromeキャストのメリット

①テレビなどのデバイスにキャストしている間はスマートフォンで別のアプリを起動してもキャストされているYouTubeなどの動画は再生され続ける。

したがってYouTubeを閲覧しながらスマートフォンでインターネットの閲覧やメールなどができる。

スマートフォン単体でもYouTubeを起動しながら他のアプリを動かすことが可能な場合があるが、やはりスマートフォンの画面サイズでは使いにくい場合が多々ある。

YouTubeは広告が入らずに再生される

スマートフォンYouTube広告表示を消すにはYouTube PREMIUMという有料プランへの加入が必要になる

しかしChromeキャストで動画をキャストすると広告が入らずに視聴できる。

Google HOMEとの連携が可能

GoogleHOMEがあればChromeキャストと連携すれば音声でChromeキャストを起動することができる。

f:id:TIMMY:20190420230516j:plain

家事をしながらなどスマートフォンを操作できない時でも音声だけで起動することができればぐっとChromeキャストの利便性が向上する

購入方法は?

Googleの公式サイトやAmazon楽天などの各種ECサイトその他に家電量販店でも販売している。価格に関してはGoogleの公式サイトで2019年4月時点で税込4,980円である。

YouTube、ネットフリックスなどの動画コンテンツを大画面で観賞したいという人には非常にオススメの商品である。(Amazonプライムビデオも対応することが発表されたので益々活躍しそうである)

LINEペイ 「平成最後の超payトク祭!!!」について

LINEペイが「平成最後の超Payトク祭!!!」と題したキャンペーンを4月の18日からスタートした。

期間は4月18日0時~4月30日の23時59分まで実施。

キャンペーン内容

期間中にLINEペイで決済を行うと最大20%が還元される。還元額は6月末頃に残高に反映される。

f:id:TIMMY:20190419225354j:plain

対象となる決済手段はLINEペイカード、コード決済、オンライン決済、おサイフケータイ対応のAndroid向けQUICPay+、LINEペイ請求書支払いの5種類。

f:id:TIMMY:20190419230134j:plainおサイフケータイ対応のAndroid端末で利用できる。LINEペイを登録すると全国のQUICPay+が利用できるお店でスマートフォンをかざすだけで決済ができる

f:id:TIMMY:20190419230326j:plain ▲LINEペイカードも還元の対象になる。 コード決済や電子マネーに対応していない所でもクレジットカードは使える可能性が高いので作っておいて損はない

多くの決済手段がキャンペーン対象になるのも大きなメリットである。

最大20%還元の注意点

どうやら調べてみると必ず20%が還元されるようではないようだ。ベースは15%還元でこれは期間中にLINEペイを利用した全員が対象になる。

そこからマイカラー(LINEアプリ内のウォレットタブで自分のマイカラーを確認できる)に応じて還元率がプラスされる。

そしてコード支払いで決済をすると更にそこからプラスで3%還元率がアップする。

f:id:TIMMY:20190419225405j:plain

LINEペイ専用アプリの登場

また、今回のキャンペーンから『LINEペイ』アプリが登場した(iosバージョンのリリースは少し遅れるようだ。

LINEペイアプリを使って支払うと還元率が最大10,000円にアップするようなのでコチラを使う方がいい。

f:id:TIMMY:20190419225421j:plain

しかしリリースされた直後のアプリなので動作面で多少の不満が出るとのレビューも散見される。

もちろん従来からのLINEアプリからウォレットタブを開いて支払いも出来る

f:id:TIMMY:20190419232526j:plain ▲ウォレットタブからの支払いももちろん可能

自分はLINEペイコードのショートカットをホーム画面に置いている、この方法でも支払いをスムーズに行うことが出来る

まとめ

LINEペイアプリのリリースにより、これまでコード決済の存在を知っていたけど使ってこなかった人たちも利用するようになるかもしれない。

日本はiPhoneユーザーが圧倒的に多いイメージがあるのでiosバージョンのアプリがリリースされたら更にコード決済の認知度は高まるだろう

コード決済の種類も多岐に渡るのでその時々に応じて上手く使い分ける必要がユーザーには生じてくるだろう

ただしあまりに数が増えてしまうとユーザーはどれを使えばいいのか迷ってしまうし、お店側もオペレーションが複雑化してしまう問題点が出てくる

キャッシュレス化はこれからも拡大していくだろうがこの様な課題を解決していくことも今後は必要になってくる

LINEモバイル

神戸どうぶつ王国に行ってきた

日中も暖かくなり、出かけるにはちょうどよい時期である。

今回は神戸どうぶつ王国に行ってきた

平日に行ってきたのだが意外と人が多く人気の高さが伺えるスポットだった。

アクセスや料金、見所スポット、食事に関してまとめてみた。

アクセス

鉄道ご利用の方

大阪・姫路方面より

JR・阪急電車阪神電車 三宮駅三宮駅下車ポートライナー 三宮駅 空港方面 乗り換え

↓ 約14分

「京コンピュータ前(神戸どうぶつ王国)」駅下車

新幹線「新神戸駅より」

神戸市営地下鉄 西神・山手線 西神中央行↓ 約2分三宮駅下車ポートライナー 三宮駅 神戸空港方面 乗り換え↓ 約14分「京コンピュータ前(神戸どうぶつ王国)」駅下車

 

f:id:TIMMY:20190418121936j:plain

自動車利用の方

明石方面から 第二神明道路より  阪神高速3号神戸線へ「京橋」インター下車すぐ左折 一般道経由 神戸大橋ポートアイランド神戸空港方面へ。大阪方面から 阪神高速3号神戸線「生田川」インター下車すぐ左折 一般道経由 海底トンネルをポートアイランド神戸空港方面へ。大阪方面から(湾岸線) 阪神高速5号湾岸線「深江浜」インターを過ぎたら右斜線へ、「住吉浜」出入口(右車線です 注意)よりハーバーハイウェイを新港方面へ終点 新港から神戸大橋ポートアイランド神戸空港方面へ。

f:id:TIMMY:20190418121946j:plain

飛行機利用

神戸空港」よりポートライナー 神戸空港駅 三宮方面↓ 約14分「京コンピュータ前(神戸どうぶつ王国)」駅下車「関西国際空港」より関西国際空港からベイシャトル(高速船)神戸空港まで約43分。 海上アクセスターミナルから神戸空港に移動ポートライナー 神戸空港駅より三宮方面へ乗車↓ 約4分「京コンピュータ前(神戸どうぶつ王国)」駅下車

今回は自動車で行ったが駐車場の収容台数も多く満車で困るということはなさそうである。駐車場の料金に関しては普通乗用車で1日500円なので利用しやすいと思う。

営業時間

営業時間に関しては平日、休日、大型連休などでその都度変わるようなので事前に公式サイトで確認してから行くのが確実である。

公式サイト:https://www.kobe-oukoku.com

入園料金

4歳・5歳は300円、3歳未満は入園料金はかからないので子どもと行くにもオススメである。また、お得な年間パスポートも購入出来るので一度行ってみて良かったら年間パスポートの購入を検討してみてもいいかもしれない。

f:id:TIMMY:20190419003226j:plain

f:id:TIMMY:20190419003235j:plain

オススメポイント

①全天候型の施設なので雨天時に行っても充分楽しむことが出来る。 屋内にも多数の動物がいるので天候を気にせずに楽しめる

②動物との距離が近い

ほぼ放し飼いにされている動物も多数いて実際に触れたるすることも出来るので子どもも喜んでいた。もちろん大人しい動物がメインなので安全ではあるが小さい子どもと一緒に行く時はしっかり親が目を離さない様にする必要がある

f:id:TIMMY:20190418231840j:plainカピバラとも接近して触れ合うことが出来る

f:id:TIMMY:20190418232026j:plain ▲100円でオヤツをあげることが出来る

③定期的に開催されるショー

ドックパフォーマンスショーやバードパフォーマンスショー、ペンギンへのおやつタイムなど定期的にイベントが開催されるにで長時間いても飽きずに楽しめる。 平日でも人が結構いて座席確保が困難になる可能性もあるのでもし見たいショーがあったら少し早めに座席確保しておいた方がいいかもしれない

f:id:TIMMY:20190419002605j:plain

f:id:TIMMY:20190419002612j:plain ▲至近距離で観賞できるので凄く迫力がある

食事

食事に関しては持ち込みが可能なのでお弁当やコンビニなどで買って持ち込む方がいいだろう。もちろん館内にもアイスクリームやホットドッグなどの軽食を販売しているが少し割高ではある。しかし、容器は可愛いものや面白いものがいっぱいなのでインスタ映えには良さげである。

f:id:TIMMY:20190419002718j:plain ▲かばいいチップス 450円

ボリュームがたっぷりあり容器も可愛い

f:id:TIMMY:20190419004457j:plain

▲ハシビロコーヒー

コーヒーも美味しかった。これも捨てるのが勿体ないので保管している

まとめ

今回行った時は屋外のエリアで一部工事が行われていたのでもしかしたらエリアが拡張されるのかもしれない。 像やキリンといった動物園のメジャー所はいなかったが、それでもレッサーパンダハシビロコウといった珍しい動物がたくさんいるので楽しかった。

赤ちゃんのオムツを替える場所や授乳室も完備されているので赤ちゃんと一緒に行っても安心である。 神戸に行く機会があったらぜひ行ってみて欲しい

映画レビュー 『いぬやしき』

邦画に関してはあまり観ないのだが原作、アニメを観て気になったので視聴してみた。

いぬやしき

いぬやしき

あらすじ

会社や家族から疎外されている、定年を目前に控えた初老のサラリーマン・犬屋敷壱郎。医者から末期がんによる余命宣告を受け、虚無感に襲われた犬屋敷は謎の事故に巻き込まれ、機械の体に生まれ変わる。犬屋敷と同じ事故に遭った高校生の獅子神皓も犬屋敷と同様に人間を超越した力を手に入れていた。自分に背く人々を傷つけるためにその力を行使する獅子神。獅子神によって傷つけられた人たちを救うためにその力を使う犬屋敷。強大な力を手に入れた2人の男たちのそれぞれの思いが激しく交錯していく。

引用元:https://www.google.com/amp/s/eiga.com/amp/movie/86161/

原作を知らない人からすればタイトルだけで見たら全く何の映画か想像できないがざっくり言うとアクションSF映画である。

主人公の初老のサラリーマンに木梨憲武、機械の体に生まれ変わり殺伐兵器へと変貌を遂げる高校生役を佐藤健が演じている。

感想※ネタバレあり

序盤で初老のサラリーマン犬屋敷壱郎と高校生の獅子神皓が事故で機械の体へと変貌するシーンがあるのだが原作では何故機械の体へとなったのか理由がハッキリわかるのだが映画に関してはその辺の描写がなく気がついたら機械の体になっていたという感じだったのでそこだけは何となくモヤモヤしたものがある。

佐藤健演じる獅子神皓が何故無差別に人殺しを行う殺人兵器になったのかに関しては原作に沿った内容になっており、ただ単に感情の無い殺人兵器ではなく人間味らしい一面があるので悪役にも関わらず感情移入してしまう。佐藤健という俳優の凄さを感じる。やはり佐藤健はイケメンである。

木梨憲武演じる犬屋敷壱郎も悲哀が漂うサラリーマンとして優しく、正義感の強い主人公という原作のキャラクターを忠実に再現している。 境遇は違えど、機械の体になった2人ではあるがその力の使い方が全く違うベクトルに向いていくのが面白い。

原作では結構ショッキングなシーンが多いのだが映画に関しては比較的抑えられている。

原作者の奥 浩哉は『GANTZ』も有名だがグロ描写が多い漫画なのでグロが苦手な人はキツイかもしれない。

最後の東京を舞台にした空中での戦闘シーンも迫力がありこのあたりは映画でしか再現出来ない部分もあり満足の出来るものになっている。 肉弾戦に関しても機械の体の二人がぶつかり合うシーンは迫力があり引き込まれるものがある。

漫画原作の映画は当たりハズレの差が激しいがこの映画に関しては個人的には当たりである。

漫画とラストは異なるがそれでも2時間という映画の枠の中でいい感じにアレンジされていて、1つの娯楽作品として楽しめる映画になっていると思う。

Amazonプライム会員費が値上げ

-Amazonプライムが値上げをした-

Amazonプライムの年間料金が3900円から4900円へと値上げされた。この値上げを機会にプライム会員の契約を継続するかどうか悩んでいるユーザーも多数いるようだ。

月額料金で考えるとわずかな値上げに見えるが果たして継続して利用するべきなのか?

f:id:TIMMY:20190415010750j:plain

-Amazonプライムで利用できる特典-

Amazonプライムに登録すると、お急ぎ便や日時指定便といった配送に関するサービスが無料で利用できる様になる。

Amazonで買い物を良く利用するユーザーにはこの特典だけでも利用する価値はあるように思える。

Amazonプライムの凄い所はこれに加え、対象の映画やアニメが無料で視聴できる『プライムビデオ』や対象の音楽の聞き放題サービス『プライムミュージック』も特典として利用できる所にある。

-Amazonプライムで利用できるサービス一覧-

-配送特典-

当日お急ぎ便お急ぎ便マケプレお急ぎ便といった配送オプションが何度でも無料で利用できる

また、お届け指定便も追加料金なしで利用できるので日中あまり家にいない人にとってもこのサービスはありがたい

プライムナウと言う最短2時間で荷物を届けてくれるサービスも利用できる(一部の対象エリア限定サービス)

-会員限定先行タイムセール-

Amazonのタイムセールに通常より30分早く参加が出来るサービス。人気のタイムセール商品を購入出来る確立がぐっと向上する。

-Amazonパントリー-

日用品から食品といった低価格のものを一箱にまとめて配送してくれるサービス。

一箱あたり390円の手数料が生じるがまとめて買うとキャンペーン価格が適用されるなどお得に利用できる。

必要なものを必要な分だけ注文できるので一人暮らしや買い物に行く時間がとれない人には重宝するサービスである。

-Amazonファミリー-

おむつやおしりふきといったベビー用品が定期オトク便で15%オフで購入出来るサービス。

小さなお子さまがいる家庭で必ず必要になるおむつやおしりふきがお得に購入出来るのはとても嬉しいサービスである。また定期便なので買い忘れの心配もないので安心である。

-プライムペット-

飼っているペットに関する情報を入力するとその情報に合わせたお得なコンテンツが利用できる。またペット関連商品も一部対象商品が10%オフのお買い得価格で購入できる。

Amazonでの買い物がより便利、お得になるオプションが把握しきれないほど用意されている。自分もあらためて確認してみたが利用できるのにしていないサービスもあるのでとても勿体ない所ではある。

-動画配信、音楽サービスも利用できる-

自分がAmazonプライムを利用しているのはどちらかと言えばコチラが大きい。

特にプライムビデオはAmazonプライムの特典の1つに過ぎないのにコンテンツの充実ぶりが素晴らしい。正直言ってこれだけ利用するだけでもプライム会員になる価値はあると個人的には思う。

-プライムビデオ-

プライム会員特典に含まれる映画、アニメ、ドラマなどが追加料金なしで見放題になるサービス。また端末にダウンロードしておく事も可能なので家のWi-Fi環境下でダウンロードしておけば出先で通信料を気にすることなく楽しめるのも利点である。

NetflixやHuluなどの専門サービスにはコンテンツ量では敵わないが、プライムビデオのコンテンツも更新されるので飽きずに楽しむことがこと出来る。

キッズカテゴリには子どもの好きなアニメや映画もあるので小さな子どもがいる場合でもオススメである。

-プライムミュージック-

プライム会員なら追加料金なしで100万曲以上の曲が聞き放題になるサービス。これも利用しているが正直邦楽のラインナップは少ない気がする。洋楽に関してはある程度豊富に聞くことが出きるので洋楽好きには嬉しいサービスである。

またプライム会員なら月額780円、年間契約7800円で6500万曲以上が聞き放題になる

Amazon Music Unlimitedも利用できる。

(プライム会員ではなくてもAmazon music  Unlimitedは利用できるが月額980円と割引がないので少し高くなる)

-Prime Reading-

Prime Readingに登録している電子書籍が読み放題になるサービス。小説、漫画、ビジネス書などジャンルは多岐に渡るので自分の読みたいものが読める。

またKindleアプリを利用すればKindle端末を持っていなくてもスマートフォンタブレット電子書籍の閲覧が可能である。

こちらに関しても読める書籍の数が増えるKindle Unlimitedというサービスがあるので書籍の種類に不満があれば契約することもできる。

-プライムフォト-

オンラインストレージに写真を保存しておくことができるサービス。オンラインストレージの写真保存サービスといえばGoogleフォトもあるがGoogleフォトは容量無制限で保存するには写真の圧縮が必要になる。しかし、プライムフォトは圧縮なしで元の解像度を保ったまま保存できるメリットがある。

まとめ

おそらくこれ以外にもサービスがあるが、とにかく多すぎて全てを使いきれない。それくらいプライム会員になると様々な特典を利用できる。

米国のAmazonプライムの会員価格は日本の2倍以上するらしいので今回の値上げでもまだまだ日本のプライム料金は安い方らしい。今回の値上げでプライム会員を退会する人もいるだろうがこれからも様々なコンテンツの拡充が期待できるのでしばらくはプライム会員を続けようと思う。 全く利用したことがないという人でも30日間無料で利用できるキャンペーンも行っているので実際に体験してみてプライム会員のメリットを感じて欲しい。

無料体験期間中でも上記に紹介したサービスの様な有料会員と同じサービスを全て利用できるのでオススメである。

Amazonプライムの新規無料体験登録はこちらから

コンビニでドーナツを見なくなった話

自分はよく、コンビニを利用するのだが最近(というかずっと前から)レジの横に鎮座していたドーナツの類いを見ないことに気がついた。相変わらずフランクフルトや唐揚げ、肉まんなどの定番品は置いてあるのだが。

f:id:TIMMY:20190412225210j:plain

近くにあるお店がファミリーマートなのだがもしかしたらファミリーマートだけドーナツを置いていないのか?

ネットで調べてみたら本格的にドーナツの展開を強化したのが2015年。4年前である。ローソン、セブンイレブンではレジ横での専用ケースでの販売を行っていたがファミリーマートは元からレジ横での扱いはしていなかったらしい。

現在は各社パンコーナーにドーナツも個包装で陳列されているが、やはりそんなに売れなかったのか?

自分もドーナツは好きなのでコンビニでも購入するのだが確かにレジ横でのドーナツが販売された時は目新たしさに2~3回買ってはみたがそれっきりで終わった様な気がする。

たしかに美味しいし値段も手頃なのだがリピートすることはなかった。

ドーナツと言えばミスタードーナツやクリスピー・クリームドーナツが有名であるが当然ながら種類や味に関しては本家にはどうしても敵わない面も撤退した理由なのかもしれない。

商品の入れ替わりが特に激しいコンビニ業界において確固たる地位を確立するのは相当難易度が高いようだ。